皐月賞の予想2018。過去の結果、出走馬のデータから傾向を予想。

皐月賞の予想2018。過去の結果、出走馬のデータから傾向を予想。

第78回 皐月賞(GI)の登録馬、出馬表、オッズ公開。レース展開、傾向などを予想します。


テーマ:

4/15(日)に中山11R・芝12000mにて
《皐月賞》が開催されます。

 

 




歴史的な名馬を輩出してきた
クラシック三冠の第一弾。

絶対的な優勝候補・ダノンプレミアムの
回避により今年は一気に混戦ムード。


果たして2018年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

=========
皐月賞の出走馬
=========


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 タイムフライヤー 57.0 内田博幸
1 2 ワグネリアン 57.0 福永祐一
2 3 ジャンダルム 57.0 武豊
2 4 スリーヘリオス 57.0 柴田善臣
3 5 キタノコマンドール 57.0 M.デムーロ
3 6 アイトーン 57.0 国分恭介
4 7 エポカドーロ 57.0 戸崎圭太
4 8 ケイティクレバー 57.0 浜中俊
5 9 オウケンムーン 57.0 北村宏司
5 10 ジェネラーレウーノ 57.0 田辺裕信
6 11 マイネルファンロン 57.0 柴田大知
6 12 グレイル 57.0 岩田康誠
7 13 ダブルシャープ 57.0 和田竜二
7 14 サンリヴァル 57.0 藤岡佑介
8 15 ステルヴィオ 57.0 C.ルメール
8 16 ジュンヴァルロ 57.0 大野拓弥


以上、出走馬16頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


ワグネリアン

昨年はデビューから3連勝を果たし
豊かな将来性をアピール。

今年初戦となった前走の弥生賞で
2着に敗れ連勝はストップしたが
最後の直線では目を引く末脚を披露。

陣営に悲観の色は全く無い。

同じ舞台で行われる本番で
デビューからコンビを組み続ける
福永騎手と戴冠を目指す。


ステルヴィオ

前走のスプリングSを勝利し
重賞初制覇を飾った。

デビューから5戦3勝、2着2回。

その2度の敗戦の勝者が
ともにダノンプレミアムだっただけに
ライバルの離脱で一躍主役候補に。

今回は初の2000mとなるが
これまでのレース振りを見ても
初距離でも問題はなさそうだ。

鞍上にはルメール騎手を確保。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


キタノコマンドール

昨年、新規一口馬主クラブとして立ち上げた
「DMMドリームクラブ」の期待馬。

全姉にデニムアンドルビーがいる良血だ。

新馬戦、すみれSと無傷の2連勝で
大舞台へと駒を進めてきた。

映画監督でタレントのビートたけし氏が
命名したことでも話題にもなっている。

鞍上にはM.デムーロ騎手を確保。


オウケンムーン

前走の共同通信杯では好位を追走して
最後の直線では力強い末脚を発揮。

2着馬に3/4馬身という着差以上に強い
内容で初の重賞タイトルを獲得した。

派手さこそないが、器用さを備えており
目下3連勝の勢いもセールスポイント。

牡馬クラシック戦線の主役に躍り出たい。


ジャンダルム

名牝ビリーヴの息子。

デビュー2戦目のデイリー杯2歳Sを快勝し
素質の高さを示していた。

その後もホープフルSで2着、
弥生賞3着と安定した走りを続けており
本番でも有力な優勝候補の一頭。

自在性のある脚質にも注目したい。

名手武豊とのコンビで戴冠を目指す。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【2-2-2-4】
2番人気【1-3-0-6】
3番人気【2-1-2-5】
4番人気【2-1-2-5】
5番人気【0-0-0-10】
6番人気【0-2-0-8】
7~9番人気【3-1-2-24】
10番人気以下【0-0-2-85】


人気薄も好走している波乱傾向のレース。

特に6~9番人気は「3-3-2-32」と
2割の確率で馬券に絡んできており
中穴どころの好走が目立つ。

3連系のヒモ荒れに注意したい。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

※11年の東京代替開催を除く

1枠【1-1-0-15】
2枠【1-2-0-15】
3枠【1-1-1-15】
4枠【1-1-1-15】
5枠【0-1-2-15】
6枠【1-0-3-14】
7枠【2-1-1-22】
8枠【2-2-1-21】


枠による有利不利はあまり無いが
勝ち馬は7~8枠から4頭でている。

他馬に包まれるリスクが減る為
少なくとも外枠が不利になる事はない。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【1-0-1-10】
先行【1-3-3-24】
差し【7-3-4-60】
追込【0-3-1-38】


4つのコーナーを回るので
ペースは速くなりにくく、
先行馬に有利なコース形態。

後ろから行く馬を狙う場合は
早めに上がっていける自在性の
高い馬の相性が良い。

勝ち馬は7勝の差しが圧倒的。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


===========
予想情報局の総括
===========


先週の桜花賞では断然人気の
ラッキーライラックが2着に敗れる
という一幕があった。


それでもG1で連対を外さなかった
のだから大したものだ。


さて、今週は2歳戦を除けば牡馬にとって
生涯で最初のG1となる皐月賞が開催。


過去の傾向を見ていくと
3歳春のクラシック戦というだけあって
当たり前すぎる前提条件として
戦績が優秀であることは外せない。


数を使ってころころ負けている馬が
このG1で大変身するなどは期待薄。


トライアル(但しスプリングS、次が弥生賞)
上位馬が強いのは桜花賞と同様だ。


ここ最近に限れば、
一昨年のディ-マジェスティのように
前走が共同通信杯の馬も活躍している。


軸に据えるには、少なくとも前走が重賞で
人気を背負って好走している事が重要だ。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

 

P.S.

最新の競馬ニュースをお届けする
Line@が遂にスタートしました!

ココだけの限定情報が盛り沢山。

下記リンクよりお友達追加して頂き
限定情報を完全無料でお受け取り下さい。

⇒ https://goo.gl/ugA81i

 

 

P.S.2

その他にも下記の無料アプリや各種SNSにて

最新の競馬ニュースをリアルタイム配信しております。

【無料アプリ】
https://goo.gl/kmm86A

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i

 

こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(__)m

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス