長久手市議会議員さとうゆみオフィシャルブログPowered by Ameba
次回さとうゆみ議会報告会
2018年8月25日土曜日14時~16時 長久手交流プラザ2階中会議室2(申し訳ありませんが都合により9月1日から8月25日へ変更しました)

長久手市議会議員さとうゆみ公式ホームページ→こちらをクリック
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年08月16日

相変わらずミス多発の長久手市役所☆今度は介護保険料の算定ミス

テーマ:ブログ
 相変わらずミス多発の長久手市役所です。

今日の朝刊には「介護保険料算定で長久手市ミス100件」の記事。算定ミスの要因は「長期譲渡所得または短期譲渡所得に係る特別控除額を引いた額で所得を判断すべきところ、異なる項目の額を引き、その額で判断したため」ということです。 一体、何の項目の額を引いたのでしょうか…。


この件は、長久手市役所の日頃からのルーズな体制が招いたミスだと思います。

先週、すでに配布されていた「長久手市中期財政計画」に間違いがあったとして、修正したものが財政課から配布されました。ミスの要因は「算定に用いる基金現在高及び地方債現在高の金額を誤って前年度の数値を用いて算定していたため」とのこと。「中期財政計画」は、市にとって重要な計画なはずですが…。


財政課は、1年前にも「平成27年度決算と比較して計算しなければならないところ、間違えて平成26年度決算の数値を使って計算してしまった」という同じような理由で決算カードまで間違えました。

そして先々月、財政課は「平成29年度長久手市継続費繰越計算書」の繰越金が間違えていたと差し替えを行っており、長久手市の財政の中枢に不安を感じます。
 
同じく2カ月前、行政課から配布された「行政報告」では、市の消防操法大会は長久手小学校で行われたのに「スポーツの杜で開催し」と書いてあるなど、市役所ルーズさが行き過ぎていることを感じました。


人間は完璧ではないので、職員個人が作った文書に間違いがあることはやむを得ないと認めますが、上記のものは何人もの職員がチェックし長久手市役所の組織として出しているものなので、ミスがすり抜ける体制は問題です。
2018年08月15日

小中学校のエアコン設置に向けた調査・設計費3,100万円を計上

テーマ:長久手市議会議員さとうゆみの活動
 今日の午前中は、議員全員向けに市当局から9月議会に提出予定の議案の説明がありました。

承認第4号「長久手市一般会計補正予算」は、小中学校のエアコン設置に向けた調査・設計費3,100万円を計上したものです。早期に設置するため、すでに市長の専決処分で予算が執行されており、議会の承認を求める議案です。

調査・設計が終了後、2019年1月に発注、同年7月から使用開始の見込みです。他の自治体も次々と小中学校のエアコン設置を表明しているので、業者が取り合いで見つからないと予定どおりいかない場合もあります。

午後は、西小校区の皆さんとつまみ細工。シフォンケーキを焼いてきてくださった方がいて、おいしく、楽しい時間でした。



2018年08月14日

市役所にはお盆休みがなく議会運営委員会☆まもなく9月議会

テーマ:長久手市議会議員さとうゆみの活動
 世間はお盆休みかもしれませんが、市役所にはお盆休みがなく、今日は議会運営委員会が開催されました。9月議会に市長提案で出される議案15件が発表されました。議案15件のうち9件は、昨年度の一般会計及び特別会計の決算に関わるものです。

9月議会は、8月28日から9月27日までの31日間の日程です。以下はすべて公開の会議ですので、ぜひ傍聴にお越しください。


その他、11月10日に開催する「長久手市議会第8回議会報告会」について、予算・決算審査の常任委員会化についても話し合われました。明日は、全議員向けに議案説明会が行われます。
2018年08月13日

やってみよう楽しい実験☆小学4年生の宿題

テーマ:子育て
 小学4年生の娘の夏休みの日誌に載っている実験をしました。

コップに水とたまごを入れると、たまごは沈みますが、食塩を入れてかきまぜるとたまごは浮く。

浮いた!

絵具と水を混ぜた色水を入れるとどうなるか?

たまごが沈んできて、色水が上の方に!

娘の宿題はここで終わりですが、横で見ていた高校生理系の息子が「しょうゆを入れたらピンク色の下に来ると思う」と言うので、しょうゆを入れてみると、予想通りに。

続いて緑色の絵の具と水とたくさんの塩を入れて、下の透明のところを緑色にすることを試みましたが、こんな色に"(-""-)"

夏休みも楽じゃない…。
2018年08月12日

はなみずき通りのハナミズキが枯れ気味

テーマ:長久手市の近況
 8月12日、雷鳴とともに久々にまとまった雨が降りました。



この夏の猛暑で、はなみずき通りのハナミズキが枯れ気味です。



ハナミズキの名のとおり水木ですから、他の街路樹に比べても水が必要ですね。もう少し降ってほしいです。豪雨は困りますが…。
2018年08月11日

原爆写真ポスター展8月12日まで(長久手市の文化の家1階展示室)

テーマ:長久手市議会議員さとうゆみの活動
 文化の家で開催されている原爆写真ポスター展を見学しました。73年前の日本での出来事を知り、平和について考えるために、ぜひ訪れてください。







2018年08月10日

午前中は平和祈念式典、午後は尾三11市議会議員研修会へ

テーマ:長久手市議会議員さとうゆみの活動
 午前中は、「長久手市平和祈念式典」に出席しました。これまで毎年10月に「長久手市戦没者追悼式」として開催されていましたが、8月に変更になり、出席者全員が献花していたのを今回から市長など代表7人による献花になりました。会場を見渡すと8割方は仕事上の関係者のようで、73年の歳月の流れを感じました。追悼のことばの中では「平和国家を維持していく」「恒久平和を誓う」「先の大戦の悲劇を繰り返さない」という言葉が並び、それらが国民の切なる願いだと思いますが、今政府が進めようとしている憲法改正は国民の願いとはかけ離れたものになっていると強く思いました→こちらをクリック 

午後は、みよし市のサンアートで尾三11市議会議員合同研修会が開催されました。講師は食環境ジャーナリスト金丸弘美氏、演題は「地域力の創造は足元から始まる~各地で活発化する地元の力~」です。

空き家、空き店舗を活用し、地域が連携して成功している事例が多く紹介されましたが、長久手には活用できる空き家、空き店舗、余裕のある敷地がほとんどないので、なかなか難しいなと思いました。熊野古道や京都、東京などを訪れる外国人を対象にしたゲストハウスの事業や、イタリア料理店などのために日本にはない野菜を育てる農家の事例をはじめとして、売り上げがどんどん上がっている事例をたくさん見せてもらい、私も事業展開する夢を実現したいと思いました。

2018年08月09日

阪神淡路大震災記念「人と防災未来センター」を見学

テーマ:長久手市議会議員さとうゆみの活動
 愛知中部水道企業団議会の視察2日目は神戸市にある阪神淡路大震災記念「人と防災未来センター」を訪れました。


1995年1月17日午前5時46分、兵庫県淡路島北部を震源とするマグニチュード7.3の地震が発生し、6,400人を超える命が失われました。

まず、震災体験者の方から当時のお話を聞きました。健康づくりのため仲間と山に登っていた時に地震に遭い、家まで帰った時の状況をお話しくださいました。


火事で神戸の上空には至るところに煙が…。当時は電気ストーブが倒れると自動で消える装置がついておらず、停電した暗闇で電気ストーブを消すことに気がいかなかったとのこと。

救出者の生存者の割合は翌日発見以降急激に下がった

震災直後、出勤するサラリーマンは助けが必要な人がいる状況を見て見ぬふり。当時は男性は仕事、家のことは女性に任せて、震災後いかに早く会社へ到着するかが美学だったそうです。今では人々の認識も変わってきているが、当時見て見ぬふりでなければもっと人が助かったのではないかとのお話がありました。

「1.17シアター」で阪神淡路大震災のすさまじさを体感する上映時間7分間の映像を見ました。大きな揺れでビル、病院、駅、高速道路が破壊された衝撃に、シアターを出た後皆しばらく言葉を失います。

「大震災ホール」では、姉を亡くし、家も燃えてなくなり、地域の人々に支えられて、看護師になった女の子の人生を紹介する「このまちと生きる」というドラマ映像を見ました。「震災までは一人で生きていけると思っていた」という言葉が印象的でした。

「こころのシアター」では、3Dメガネをかけて25分間の映像を見ました。こちらは阪神淡路大震災ではなく、東日本大震災被災地ドキュメンタリー映像です。南三陸町の防災庁舎は、屋上を超えるまでの津波に襲われ、すべてが想定を超えていた状況が分かりました。

震災体験者の方が「人と防災未来センターを見学する目的は震災の苦労話を知ることではなく、これから起きる地震の際にどうしたらよいかを考えることだ」とおっしゃっていたので、私もここで見たことを次につなげていきたいと思います。

2018年08月08日

阪神水道企業団尼崎浄水場を視察☆オゾン、活性炭処理

テーマ:長久手市議会議員さとうゆみの活動
 愛知中部水道企業団議会の視察1日目は兵庫県にある阪神水道企業団尼崎浄水場を訪れました。

東郷町を予定通り朝8時30分に出発しましたが、さっそく名二環で事故渋滞に巻き込まれ、出発から2時間経過しても緑区の有松付近でした。桑名までさらに70分ということで、刈谷に進路を変えて一宮経由で向かうことに。お昼もバス内でお弁当を食べ、6時間走って到着しました。

阪神水道企業団は、神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市、宝塚市で構成されており、用水供給(一般家庭に直接水を届けるのではなく、水道事業者に水道用水を供給する水の卸売業)を行っています。一般家庭に水を届ける事業は、各市が行っています。

阪神水道企業団は、浄水場2カ所、取水場2カ所、ポンプ場2カ所、調整池1カ所を持っています。用水供給であるため、管路は185㎞と短いです。水源は、琵琶湖、淀川水系。

オゾン処理、活性炭処理を導入した高度浄水処理が特徴で、施設を見学しました。阪神淡路大震災で大きな被害を受け、全面更新された施設です。




中央管理室

魚類監視水槽

急速混和地(かき混ぜる)


凝集沈殿池


オゾン処理(オゾンは隣にある企業から月100万円で購入)

活性炭処理

浄水池、ポンプ室上部の敷地をロイヤルホームセンターに年間5600万円で貸している(24年間定期借地)


2018年08月07日

平成29年度の市税収入も順調な伸び☆長久手市の決算カードから

テーマ:長久手市議会議員さとうゆみの活動
 8月14日の議会運営委員会で昨年度決算が発表されるのを前に、先に決算カードが配布されました。決算カードは総務省の書式に沿って各自治体が入力するので、全国で統一されたものになっています。

平成29年度も、長久手市の市税収入は順調な伸びを示しています。「ふるさと納税」の制度を国が創設しなければ、個人市民税は1億円以上多く入ってきたはずですが…。また、国が法人市民税の市に入る分の税率を変えなければ、法人市民税も1億円以上多く入ってきたはずですが…。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース