おうちでうける母乳育児相談〜出張専門助産師&リフレクソロジー 佐藤由美子 でんわ 090ー3235ー4818

おうちでうける母乳育児相談〜出張専門助産師&リフレクソロジー 佐藤由美子 でんわ 090ー3235ー4818

おうちに伺って、多賀城、仙台市周辺で母乳育児に困っているママのお手伝いをしております。また妊娠中、産後リフレッシュして過ごせるようにリフレクソロジーも行なっております。

乳腺炎かもしれない
つまって痛い
母乳が足りているか心配
ミルクのたし方がわからない
おっぱいを吸ってくれない、搾乳の方法
早産で搾乳していたが、おっぱいの練習したい


母乳ケア・リフレクソロジーのご予約は、こちらへ





 ℡ 090-3235-4818


(受付時間:9時~17時・日祝日は、お休み





  でんわに出られないこともあるので、


  留守録にメッセージを残してください。




コロナ対策しながら、少しずつ外にも出られるようになっていますか?

おうち時間がまだまだ続いているという方も、いるのではないでしょうか。

離乳食も始めたけど、なかなか周りのママの様子も聞けないし・・・と悩んでいる方もいるようです。

スムーズに行くばかりではない、離乳食。うちの子の個性にあった方法見つけられるといいですね。

 

食事で困っているママにおすすめの情報です。

自分たちに合う方法があるかもしれませんので、こちら参考にどうぞ。

http://www.kanagawa-syounihokenkyoukai.jp/cat111194/

私の大好きな先生のオンライン無料教室です。「個性とは何か?」子どもの長所の見つけ方伸ばし方についてのお話しです。子育て中のかた、子育て支援者の方々おすすめです。10月のマタニティクラスも開催が決まりました。

ご参加お待ちしております。↓
https://motmotseminar.peatix.com/view

 

今月のオンライン教室は「産後にそなえる母親教室」です。

知っておきたい!授乳や産後の生活のことというテーマで行います。

母親教室など受けれずに産後のイメージがつかないな〜という妊婦さんにオススメです❤️ 

母乳育児を希望されているママ。しっくりと赤ちゃんとママの息が合うまで時間がかかることもあります。ちょっとだけ知っておくと、安心して赤ちゃんを迎えられる事もあるかも〜

コロナでざわざわしている中熊本では大雨による災害。熊本のみなさまに心よりお見舞い申し上げます。支援者の方、お母さん方が安心、安全で過ごせますように。

 

以下お子さんをもつお母さんに災害時役立つ情報です。少しでもお役に立てれば。

 

災害時赤ちゃんを守れる避難所

https://www3.nhk.or.jp/news/special/saigai/basic-knowledge/basic-knowledge_14.html 

内閣府男女共同参画局新ガイドライン 授乳アセスメントシート

http://www.gender.go.jp/policy/saigai/fukkou/guideline.html 

授乳相談先

https://llljapan.org/tel.html

ダウンロード資料
https://i-hahatoko.net/?cat=9

7月開催オンライン母親教室の申し込みスタートしました🌷↓↓

東北各地からの申し込みあり、楽しく開催できています。6月の沐浴クラスは定員になり締め切ってます。不安が解消されたと嬉しい感想もいただいております。

初めての方もどうぞお待ちしております。

コロナの感染拡大防止という事で妊婦さん、産後のママの集まりは中止されているところが多くなっています。不安を少しでも解消できるようオンラインでのお教室を立ち上げました。5/30が3回目開催です。ダウンオンライン初めての方も大歓迎。お待ちしております音譜

 

寒くなってきましたね。

インフルエンザが宮城にも到来。学級閉鎖している学校もあるとか。

手洗いうがいで気おつけましょうね。

 

最近お会いしたお母さん。

 

2か月過ぎのお子さんが片方のおっぱいを急に飲まなくなったようで、いろいろ試すも片方のおっぱいしか飲まない。

ミルクも搾乳した母乳も飲んでくれず片方のおっぱいに頼って1カ月。

無理強いせず夜中と寝起きのまどろんでいる時間をねらって、トライ。

「途方にくれました」とお話されていました。 

 

1か月経ちなんと両方のおっぱいを、また吸い始めてくれたようです。

お母さん、ほんと待ちの時間大変だったでしょうが、がんばりましたね。

「私たちだって食べたくない時だってあるものね」と子供の気持ちになってみる母ちゃんすごいなぁと感心しました。

 

個性のあるお子さんたちですものね。

対応方法に困ったとき一人では大変なこともあります。

一人で悩まず、一緒にお子さんにあった方法を見つけていきましょう。

 

「こんなにおっぱい飲ませるのが大変だとは思わなかった!」

よく聞かれる言葉です。

ママのおっぱいの大きさ、赤ちゃんの大きさ、お口の大きさ、吸い方…などなどさまざまです。
どれもこれも産まれ持った個人差。
どの方法が自分たちに合うか…。それを見つけるのにちょっと時間がかかる場合もあります。

いつも赤ちゃんを見ているママにその様子を教えてもらいながら、一緒に一番いい方法は何か見つけていきましょう。

私の働いている助産院に先日搾乳器が帰ってきました。
貸出期間は2カ月と10日。
やっとおっぱいから吸えるようになりました。 長いことママも赤ちゃんもがんばりました。

困った時はどうぞご相談ください。

たんぽぽ1
ゴールデンウィークいかがお過ごしですか?山の新緑、美しいですね。
お出かけ疲れ大丈夫ですか?
子供もいつもと違ったパターン。ママも疲れて・・・など、おっぱいトラブルも多い時期です。
硬い、痛いなどの変化のある方はまずは、いつも以上にお子さんに吸いついてもらいましょう。
後は少し休んでね。

季節の変わり目、寒かったり、暑かったり。体を冷やさないように。
足を冷やさないと体も調子良いですよ~。


さくら 
 さくらきれいですね
私は咲き始めのつぼみが残っている頃が好きです。
久しぶりのブログ更新
です。パソコンの調子やっと良くなりました。
育児中のママ、季節の変わり目&新学期の時期と大忙しでしょう。
体調の崩れとおっぱいの調子の崩れは関係深いものです。この時期は少し手抜きもしながらママ自身のからだも癒してあげて・・・。
おっぱいの調子でお困りの方はご連絡ください。