※このブログは、「真我心の専門家」佐藤康行が出版した書籍をもとに、加筆編集して毎日お届けする公式ブログです。
皆様の毎日にお役に立つ情報をお届けします。



こんにちは、佐藤康行です。今日もどうぞよろしくお願いします。

私が若い頃、講演会などで話をする時には、少し早めに講演会場に行って、会場の周りをランニングしたものです。
これは、自分で自分の中にあるヤル気のスイッチを入れるためです。
早朝で多少眠たくても、走れば一気に目が覚めます。

あるいは、営業でお客様を訪問する時、「これから訪問するお客様はいい人だ、素晴らしい人だ、大好きな人だ」ということを、本当にそういう気持ちになれるまで心で思いつづけたり、イメージしてから、お客様を訪問すると劇的に成果が上がります。


イメージによってウキウキ楽しい、というスイッチが入り、それが相手に伝わるのです。
このようにスイッチが入る状況に身を置くことで、自分をコントロールできます。
つまり、外側からの刺激によって、自分の記憶を呼び覚ます。
そして、その呼び覚まされた記憶によって感情をコントロールするわけです。
「思いは記憶によって決められている」という「横の法則」を利用してしまうわけです。

感情には、役割があります。
それは、私たちを即座に行動に導くという役割です。
感情があるから、すぐに行動できるのです。

この続きはまた。それではまたお会いしましょう

佐藤康行

 

 



世界初の最新カウンセリング。インターネットを通じてもOK。


【心の学校アイジーエー 無料メールセミナー】
特別セミナー映像を、今だけ無料公開!
合計89分のセミナー動画を公開中!