こんにちは、佐藤康行です。今日もどうぞよろしくお願いします。
今日は「無限の力」の話をしましょう。

 

私たちは、過去やったことを基準として物事をやっていく癖があります。
過去にできなかったことは、「私にはできない」とインプットされてしまいます。
「できない」という条件づけによって、潜在能力を抑えてしまうのです。

電流を通した鉄条網の中に、犬を閉じ込めておく実験があります。
犬は、逃げようとして何度も鉄条網に触れ、そのたびにビリビリと感電します。
それでもあきらめずに何回か逃げようとトライしますが、やがて、もうそこからは逃げられないという条件づけがなされてしまいます。
そうすると、例え鉄条網をはずしても、犬はそこからは逃げなくなるのです。

人間も、できるのに「できない」という過去の条件づけが、自分の潜在能力を抑えている可能性があるのです。
そういう人が大変多いのです。

本当は前に進めば、一気に潜在能力を発揮できるのに、まわりから「お前はできない」と言われて、「自分はできないんだ」と思い込んでいたりすることがあります。
そのことで、自分の守備範囲が狭くなってしまうのです。

 

 

 

佐藤康行

 

 



世界初の最新カウンセリング。インターネットを通じてもOK。


【心の学校アイジーエー 無料メールセミナー】
特別セミナー映像を、今だけ無料公開!
合計89分のセミナー動画を公開中!