佐藤康行です。今日もどうぞよろしくお願いします。

「どうして自分はこうなんでしょうか」自分の気質や性格がいやで、何とか変えたいと思っている。
でも、なかなか変えられない。
こういう悩みを抱える人も多いでしょう。

すぐにカッとなる性格。
はっきり断れない性格。
人を信じやすい性格。
あきっぽい性格。
だらしない性格。

人の性格は人生を左右します。
ここに挙げたような性格の人は、自分でも「困った」と感じているにちがいありません。
そこで何とか変えようと努力しても性格は簡単に変わりません。
もちろん、自分を精神的に改善しようと努力することは、素晴らしいことです。
どうしても変えたいとき、どうしたらいいのでしょうか。

自分の中の悪い性格だけを変えるような試みは絶対に成功しません。
なぜなら、性格は連動しているからです。

すぐにカッとなる性格はよくはないですが、元気のよさと裏腹のこともあります。
はっきり断れない性格も困ったものですが、穏やかで人を傷つけない優しい性格もあるにちがいありません。

信じやすいのは、損をすることが多いかも知れませんが、あながち悪い性格とは言えません。
あきっぽいのは好奇心旺盛とセットの可能性があります。
だらしない性格は、のんきでこだわらない性格なのかも知れません

ある性格だけを改善しようと思ってはいけません。
よい性格も悪い性格も引っくるめ、一度に全部捨ててしまう。
そうでなければ変えられないものなのです。

それは、改善するというより、生まれ変わると表現したほうがしっくりときます。
そもそも直そうとしている性格は、本当に悪いものなのでしょうか。
自分の都合で自分の悪いところを決めていないでしょうか。

例えば、わがままな人がいるとします。
その人は、自分のわがままなところを直したいと思っています。
この状況は一見好ましいことのようです。
しかし、実は違うことのほうが多いのです。

その人が、自分のわがままに対して人に文句を言われ、それに気づいたとします。
そして、その気まずい状況を変えたいがために、改善しようとしているならばどうでしょう。
その場合は、自分の都合で自分の悪いところを決めているのです。

あるほんの一部分を取り上げて自分の悪いところだとそれを変えようとしてもそれを変えるのはなかなか難しいことです。
それは、あなたの心の現われの一つにすぎないからです。
この続きはまた。

佐藤康行

 

世界初の最新カウンセリング。インターネットを通じてもOK。


【心の学校アイジーエー 無料メールセミナー】
特別セミナー映像を、今だけ無料公開!
合計89分のセミナー動画を公開中!