心理カウンセラー☆郷家 あかり『こころの森だより』

心理カウンセラー☆郷家 あかり『こころの森だより』

『あなたの物語』を大切にするカウンセラー・郷家あかりが、こころの森で想ったことや、そこで出会った人たちのことを書いています。


郷家あかりカウンセリングルームは、東京・築地 の こころの相談室です。
日常の「困った」「つらい」「疲れた」はもちろん、大きな転機にあって力が必要な時、
まぁまぁ楽しくやっているはずなのに "なんか違う" という思いがある時・・・
どうぞ相談室をお訪ねください。
あなたが 本来のパワー を取り戻して元気に歩いて行かれるよう、
全力でサポートいたします 黄色い花
                            郷家 あかり


テーマ:

一昨日は 娘のショウコ(28歳、看護師)が、めずらしく平日に連休が取れた、ということで実家へ帰ってきました。

 

 

 

ショウコは気の合う娘ですが、私とは性格がかなり違います。

 

私も直感型で判断は速いですが、丁寧な分、重たい。

娘は鋭い直感で「あ!」と思ったらすぐに動きます。頭の回転の速さと割り切りの良さと身体能力の高さ&体重の軽さだな、と思います。

 

とにかく取り込む物事の量が多いのですが(美ら海水族館で見た、餌をぐおーーっと飲み込むクジラくじらを思い出すあせる)、一旦取り込んだものの取捨選択の判断の素早さや、さてこれで行こう♪と自分を動かしていくときの迷いや曇りのなさが、まっこと羨ましい。

 

ゴチャゴチャ考えていないので、オーラフィールドがいつも綺麗なんですよね。

 

 

 

昨日は聞いて ほおぉ おお と思ったことがありました。

選択もチラついてるはずなのに動きを変えられないで、結局望んでいない出来事に遭遇して、対応もモタついて、ああ何故こんな目に遭うんだろう…って人というのがいるね」という話をしている時に私が、

「ショウコは そういう展開には決してならないね」と言ったら、

 

「うむ、出来事は たまたま起こるんじゃない、自分で作っていくものだと思ってる」

 

と言うんですね。

 

なるほど、逡巡するとかボヤくとか悲嘆に暮れるとか、そういうことが まるで無い人は違うなぁ、「自分の人生は自分で創る」ってことを明確に意識している人だなぁと思いました。

 

 

 

まぁ、少々 行動に しっとり感とか穏やかさとかが足りぬのでは?というところはあるのですが爆  笑

いつも何か自分の学びになることや楽しむことに集中し、葛藤が少なく、失敗しても誰かのせいにすることはなく必ず糧にして、自分の望みに素直に従って生活・人生を生きていく娘です。

 

どうなっていくのか、どうしようとしているのか、母にはわかりませんが、イイと思います。どうぞ元気で何でもやってみてくだされキラキラと願うだけですニコニコ

 

 

 

今回の一泊里帰りも、自宅の修繕工具などを請け負ってくれ、猫ネコと戯れ、夜は家飲みを楽しみお酒、ぐっすり休み月夜……、明けてショッピングに出た先では買物を チェックチェックチェック…と テキパキこなし、レストランでは、美味しい、美味しい、と言いながら昼食を堪能しナイフとフォーク

「楽しかった〜♪」「いい休みだった!」「またねーー!!」と元気に帰っていきました。

 

 

 

 

なんでも楽しい体験にする、どんな日も良い一日にする、そう決めてる子なのだなと思いながら、見送りましたsunflower*

 

 

 

 

 

黒猫愛猫 のんた、19歳(人間の年齢に換算すると90歳とか…)黒猫

 

 

 

 

 

 

宝石赤カウンセリングルームのご案内
クローバー 郷家あかりについて
クローバー メニューと料金
 ●対面セッション(東京・築地)●スカイプ・電話カウンセリング●メール相談
クローバー サロン案内、アクセス
メール ご予約・お問合せ

 


テーマ:
郷家さん

(略)
私は、郷家さんに初めてお会いしたとき、幾らも経たないうちに、「ああ、私の長旅は終わったかも。この人と会えたんだから、もう大丈夫だ。もう彷徨わなくていいんだ」と確信しました。へんなタイミングで泣いてしまいましたが、あれは安堵の涙でした。
誰かのことを、こんなふうに信じて安心することができるなどということが本当にあるんだなぁと、びっくりもしています。

私は、郷家さんにお会いして、ちょっと違う人みたいに元気になりました。勇気がどんどん湧いてきます。
心の深いところに何なのかわからないものがたくさんあって、それらが早く出して!と言っている感じです、われ先に!と。
郷家さんが何を話しても全然引かずに寄り添ってくださる方だということが分かり、さらに、どんな酷い状態になっている人間でも軽蔑したりしない方だということが、深いレベルで理解できたから、中に閉じ込めておいたものたちが騒ぎ出したのかな、と分析したりしています。

私の本当の母親には、残念ながら母性と言うものが見当たらなかったですが、これからそれを、郷家さんから感じさせていただきながら、自分の育て直しをしていきたいと思います。

これから、どうぞよろしくお願いします。
また〇日にお会いできることを楽しみにしています。

 

(※許可をいただき掲載させていただきました)

 

 

Fさん(30代女性)、ある言葉で検索して、私のHPに辿り着いてくださいました。

おっしゃっているように、随分と長いこと、肉体的にも精神的にも、独りで放浪をされてきたことのわかる方でした。

 

ご自分の持っているもの(どんな "嵐" に遭おうと 失わずにきたもの)の価値を再認識して、これからの人生を謳歌していかれるように、サポートさせていただこうと思います。

 

 

 

足りないもの、得なくちゃいけないものなどなくて、むしろ逆なんです。

キツい嵐に耐えるために過剰にまとってしまった余分なものを、「もう要らないよね?」「こんな感じでいかれるんじゃない?」と、ひとつひとつちゃんと見てあげて、検証して、捨てて…、そうやって身軽になっていったらいいんです。

 

 

 

変化は怖いです。

でも、今は支え手がいて独りじゃないです。

せっかく出会えた私が、しっかり見ています、全力でお手伝いします。

私は、これだけは自信があるのですが、何を見ても聞いても "引かない" です。

さて、どうしたものか…、と一緒に考えます(これでも知恵があるので頼りになるフクロウ)。

 

だから、どうぞ安心して、どんなものでも持って来て見せていただきたいと思います花

 

 

 

 

 

 

 

宝石赤カウンセリングルームのご案内
クローバー 郷家あかりについて
クローバー メニューと料金
 ●対面セッション(東京・築地)●スカイプ・電話カウンセリング●メール相談
クローバー サロン案内、アクセス
メール ご予約・お問合せ

 


テーマ:

私はカウンセラーになる前…の前、住宅展示場でお客様をご案内する仕事をしていた時期があります。

 

大手の住宅メーカーだったので、その支店が持っている展示場だけでも管轄エリアに5つ6つあったのですが、

それぞれの展示場に3人のパートタイマーの主婦がいて、3人が交代で(毎日一人ずつ)勤務していました。

 

 

 

 

 

 

各展示場には、3人のパートタイマーの "交換日記" でもある 「申し送りノートノート」 がありました。

 

実際には一日じゅう独りで務める仕事なのですが、そのノートのおかげで張りがあり、尊敬する二人の先輩(ともに10歳近く年上)と3人チームで働いているんだなぁ…と嬉しかった。

 

ノートにはたとえば、

「小さなお子様用にスリッパを買いました」とか、

「来客が多かったので、サツキの花殻詰み、半分しか終えられなかったので、明日余裕あったら後の部分は宜しくお願いします」とか、

「2階の寝室のベッドカバーに綻びを見つけたので、次回勤務時、色の合う糸を持参して繕っておきますね」とか、

そんなことを書いて申し送るのですが、

そこには、自分の中の "善き部分" が続々と目を覚ますような(笑)、穏やかで温かい やりとり がありました。

 

3人で、じょうずに展示場を管理し、接客をし、営業さんをサポートし、回していました運動会運動会運動会

 

幸せだなぁ、と思って働いていましたclover*

 

 

 

ところが……

 

他の展示場も同様かといえばそうではなくて、A展示場でもB展示場でもどこでも、常に何か揉め事があったり、意地悪やいじめがあったり、"女の世界の云々" が発生しているようでしたあせる

 

「郷家さんの○○展示場はトラブルメーカーがいなくて、羨ましい」

「うちの展示場は、そちらみたいに上品な大人の雰囲気じゃない。サイアク」

「私も異動したいわ」

……電話連絡のついでや、エリアの合同研修会などで会ったときなど、他の展示場のパートさんは、よくそんなふうに言っていました。

 

 

 

同じ会社で同じように採用されたはずの女性たちなのに、この違いは、なんなのか…

 

どうして、ある人たちは、いつでも愚痴や不満を言い、争って消耗しているんでしょう。

 

どうして、ある人たちは、そういった問題とは無縁に、楽しくお勤めできるんでしょう。

 

 

 

……これって、「偶然そういう環境をあてがわれてしまった」「運悪くイヤなやつと同僚になってしまった」ってことではないんですね。

(そんなふうにしか捉えられないなら、その憂うつや悩みは続くでしょう。)

 

みんな、自分に必要な出来事を引き寄せてるし、それに必要な舞台やキャストも引き寄せてる…。

 

だから「もう、よし!」「はいクリア!次いきましょ!」となるまでは、

「なんでいつもこんな目に遭うの…? 挫折 」ってことに、なるのだと思います。

 

 

 

いつだって同じような環境で同じような出来事に苦労している、という人は、

「なぜ自分はここでこういう体験をしているんだろう」 「まだここに学びはあるんだろうか?」と、自分に聴いてみてください。

 

どうにもこうにも、波動の法則というものが働いているはずです。

 

 

 

「もうああいうのは要らない」

「二度と関係しない世界へ行く」

 

と思えたら、それをキッパリ宣言して行動するといいです。

 

オールを持たず 行先を知ろうともせずに 舟に乗っていちゃ、いけません ニコニコ

 

 

 

 

 

宝石赤カウンセリングルームのご案内
ひまわり 郷家あかりについて
ひまわり メニューと料金
 ●対面セッション(東京・築地)●スカイプ・電話カウンセリング●メール相談
ひまわり サロン案内、アクセス
メール ご予約・お問合せ