こんにちは、佐藤康行です。今日もどうぞよろしくお願いします。

宗教を学ぶのは悪くないんだけど、本当のことがわからなければ、逆効果になる場合が多いんです。
戦争もほとんどが宗教が原因じゃないですか。
あれは、形で作った理想論になってしまっているからです。


イスラエルにしても今度のアフガニスタンにしても、全部宗教がもとじゃないですか。
宗教は、本当は平和のため、幸せのためにあるはずなのに、それが一番人を殺し、人を苦しめている現実があります。
それは、本当の宗教じゃなくて、人間が作った正義になってしまっているからです。
キリスト教で、「人間は罪の子」だと言う。


しかし、また一方では「人間は神の子」だと言う。
一体、「罪の子」なのか、「神の子」なのか、どっちなのか?それは、頭で考えている自分や、過去の記憶、業の自分を自分と思っていると「罪の子」ですよ、ということなんです。


内なる神を信じ、内なる神を認めたら「神の子」なんです。

 

 

 

佐藤康行

 


三種類のブログ。日替わり更新中です