「出会いは未来だと思います」 | ココロ踊るココロふるえる 〜さとうなおこの道の途中〜
私、星野源さんが大好きなの。



https://www.instagram.com/p/B1xCULUB2DZ/?igshid=yhf6ra60flgb



出会いは未来だと思います」…だって。


今年の2月に観に行った東京ドームライブで、
最後に歌ってくれた「Hello song」は
そんな思いで作った曲なんだって。



誰かや何かに出会うことで、
自分の世界が広がって
その出会いの重なりの上に今がある。


だからこれからも、
誰かや何かに出会うことが、
自分の明日につながっていく。

って。




たしかにそうだよなぁ。。


変化していくことを恐れていちゃ、
新しい世界には踏み込めないもん。



私も新しいことを色々はじめてみよう。





私が星野源さんに惹かれる理由は、
たっくさんあるんだけども、

とくには、
出会った人たちをとっても大切にしている
ってところ。
その人たちの最大限に存在を肯定しているように見える。



いつもなら表には出てこないような
ラジオのスタッフさんたちを
番組中にも名前を呼んでみたり、
その方のエピソードを紹介したり、



ライブのバンドメンバーのことも、
それぞれのパフォーマンスが最大限に発揮できるよう、
活き活き演奏できるような言葉を選んで曲作りしてるって。





自分がやりたいと信じたことがあって、
誰に何を言われても辞めずに続けてきた星野源さん。




病気で倒れた後からは、さらに強く
やりたいことしか、やらない。
やりたくないことは、やらない。
と誓ったんだって。



一度リアルに死を感じた人の決意って、
すごくパワフルなものになっていったりするけど、


本来は誰の明日も保証されていない。


なのに、明日は来るものだって
当たり前につい思ってしまう。




源さんは何度も歌のなかに

「いつか見えなくなるもの」(恋)
「いつか降りるその時にはバイバイ」(時よ)

ってそのことを伝えている。


だから悔いのないように今を精いっぱい生きるんだ。と私は彼の楽曲を聴くたびに思う。



明日なんてまやかしだ。
来るか来ないかわからない。

そんなものをあてにして、
やりたいことを先延ばしにしたり、
自分の思いをごまかしたり、

したくない。



しかないんだ。



私も、やりたいことがふと浮かんでも、
すぐあれやこれや不都合な理由を見つけてストップかけるんじゃなくて、


まずはやってみる。
トライしてみる。



それからだっ。



よー。。