さとの行き当たりバッ旅【vol.2】さぁ、しまなみ海道♪ヽ(´▽`)/ | 徒然なっちゃぃますよ!

徒然なっちゃぃますよ!

☆ さと Official Blog ☆

趣味なこと・好きなこと・時事ネタ等を徒然なるままに、
気まぐれに・ゆる~く、つぶやぃてみようかとwww
どぅぞ、よろしくお付き合い下さぃm(_ _)m

ばんゎ

さとです

 

 

まずは・・・

しまなみ海道とは?


本州(広島県尾道市)と四国(愛媛県今治市)を結ぶ

【西瀬戸自動車道】で、瀬戸内海に浮かぶ島々を結ぶルートで

サイクリングロードも併設されていて

今では、サイクリストの聖地となってます

 

ダウン詳しくはこちらからダウン

 

http://www.cyclonoie.com/shimanamikaido.php

 
 
 

10/20(日)

 

おっと!

その前に、今宵のぉ宿をどうしようか…

どこまで走ろうとかも考えてなかったので

とりあえず、中間地点辺りの大三島で探すことに

 

ネットでいろいろ検索してスマホ

ビンボー旅行なので、リーズナボーで瀬戸内の美味しい魚を食べれる処ルンルン

 

って、ことで当日の朝に予約完了!グッ

 

 

仕切り直して

お昼過ぎに尾道を出発ぅ!自転車

 
 
 
出発地点の千光寺公園の高台から見下ろす
尾道の街並みと尾道水道(奥に見えるのは向島)
 
 

 
 
 
JR尾道駅前に到着すると
 
どうやら、この日は自転車サイクリングイベントが開催されてたようで
たくさんのローディーがいました
 
 
まず、最初の島
向島に向かいます
 
向島へは、尾道水道を船船で移動することになります(数百メートル程の距離)
自転車込みで110円
 
 
台風20号が接近する前だったので
その影響か、どんよりの曇り空でしたが
まずまずのサイクリング日和ニコニコ
 
島を結ぶ橋脚は、車と自転車・歩行者とわかれてるので安心して走ることが出来ます
 
次に、向島と因島を結ぶ因島大橋を渡り
 
因島を走り抜けます
 
海沿いの道を、のんびり景色を堪能
 
 
フラットなルートと思いきや・・・
橋を渡るたびにスロープが
けっこうアップダウンがあるんですね・・・
サイクリング初心者の方たちは、押して歩いてる方たちもいます
 
 
 
 
サイクリングコースは、道路に青いペイントがされてるので
道に迷うことはありませんグッ
ところどころに距離表示もあるのであ、あとどのくらい走るのかもわかります拍手
 
所々で、紅葉もすすんでました紅葉
 
 
因島と生口島を結ぶ、生口橋を渡り
 
 
 
生口島へやってきました
 
ローディーたちの定番のスポット
ソフトクリームドルチェさんで
瀬戸内レモンと伯方の塩のジェラートをチョイス
 
 
瀬戸内のオレンジみかんやレモンが特産物ですから
こんなオブジェも
 
走ってる途中にも、ミカンやレモンがたくさんなっていましたょ パー
 
 
 
生口島と大三島を結ぶ多々羅大橋は
広島県と愛媛県の県境
 
 
 
大三島にやってきました
 
こちらには
サイクリングの聖地なるものが!
 
 
今や、世界テキにも有名なサイクリングルートになってるため
多くの外国人の方もいたり、ファミリーで走ってる方もたくさんいました
 
 
そして、本日のぉ宿
 
大三島にある民宿
 
紺玉 さん
今宵はお世話になりま~すキラキラ
 
 
まずは、近くの温泉温泉まで送迎してもらい
汗を流してサッパリと
 
食事までの間、宿のすぐ近くにある
しまなみ随一のパワースポットの
 
大山祇神社(おおやまづみ)を散策
 
 
ぉ散歩から戻ってきた頃には、食事の準備も出来ていて
 
さ、夕飯ですよぅ! ♪ヽ(´▽`)/
 
ぼっちですが・・・
 
カンパィーーー!生ビール生ビール生ビール
 
 
瀬戸内で獲れたうお座魚のオンパレード♪ヽ(´▽`)/
 
 
ニコニコおつまみ各種
 
ウインクおこぜの刺身と、あこうの刺身(ハタのなかーまかな?)
初めて喰ったけど、ぷりぷりで旨かった
 
ラブかさごの煮付け
 
照れおこぜの唐揚げ
 
爆  笑鯛の塩焼き
 
どれも、刺身・煮付け・唐揚げ・焼き魚
お一人一匹ずつで
ボリューム満点で腹パンでした
 
なんだかんだと
生ビールるーびー4本と、日本酒冷酒を2本ぐびぐびっとな
 
 
これで、1泊2食(酒代別)8600円だったかな?
 
 
 
ほどよくヨッパになり酔っ払い
 
東京からの長距離ドライブと車
ほとんど寝てなかったこともあり
この日は、ラグビーラグビーW杯の日本戦でしたが日本
 
キックオフしてすぐに
寝落ちしてしまい夢の中ですたwwwzzzzzzzzz
 
 
 
 
 
そんな
さとテキ、行き当たりバッ旅の初日は終了パー
 
 
 
 
 
 
 
また追って
 
 
 
 
 
 
 
To be continued
 
フォローしてね! ペタしてね