ビルの改修工事 雨漏りに悩む壁面の解消工事とは・・? | 塗装を考える

塗装を考える

すべてはお客様の「笑顔」のために。

ビルの改修工事 雨漏りに悩む壁面の解消工事とは・・?

こんにちは。塗りかえ専門店 佐藤塗装店 佐藤です。

 

東京都目黒区のビルのオーナー様(家具の会社を経営されている社長様)より、外壁塗り替え工事と屋上の防水工事のご相談を頂きました。

 

 

 

築年数は・・・??ですが、なかなかの老朽化が進む中「雨漏り」にお悩みである旨のお話を頂戴しました。どこから漏るかというと屋上にほど近い4階部分は、防水切れじゃない??とある程度の予測はできるものの、東面の外壁は4階、3階、2階をスルーしてなんと1階部分の床面がビショビショになる現象が起こっているようです。(・・?

 

こういった場合、私たちは優先順位をつけて最善の塗り替え工事案をご提出させていただいております。

 

オーナー様からのご要望は、幹線道路沿いで店舗(家具)を経営されているので、店舗らしくお洒落な色(この時点で全面ブラックと決まっていたのかもしれませんね)で塗り替えをしたい。という事と、もちろん「雨漏り」を止めて今後も健全でいられる外壁面にする事。

 

おおまかこの2点でありました。

 

 

この建物は2面がモルタルの外壁で、もう2面がタイルの外壁になっています。

全部をブラックにしたいという事ですから、タイル面も専用の下塗り材を用いて仕上げに臨みました!

 

 

足場が組みあがり外壁面のチェックをしていると、外壁面は皆様もご存じのアレがあらゆる所に発生しています。

 

あれって??

 

そうです。

 

ひび割れ(クラック)なのです。

 

 

 

 

構造上、庇がないビルですから雨水が壁面を下に流れていきます。

ちょっとしたひび割れでも「雨漏り」につながってしまう、この構造ですから上記のようなひび割れを見て「原因はここだ!!」と確信をした次第であります。

 

今回は、4回塗りの厚膜弾性の仕上げで施工にあたりました。

 

材料を厚く塗るための専用ローラーで中塗りをして、上塗りにはブラックの艶消しの仕上げです。

 

 

ボツボツと見えるのは、専用のローラーで模様を厚く付けている為であります。

 

 

トップコートを塗って外壁塗装の完了です!!

 

 

 

 

また、外壁面も専用のプライマーを塗布して仕上げました!!

 

 

 

 

⇒ 屋上工事時の詳細です。「ビルの屋上 通気緩衝工法」

 

 

 

 

 

私たちが行う「塗り替え工事」には必ずテーマがあります。今回のように雨漏りに悩む壁面であったり、コケ、藻の汚れが気になる壁面というのも、多くのご相談を頂きます。

 

・長持ちする工事がしたい

・雨漏りを直したい

・今の風合いを維持した塗り替えをしたい

・汚れの付きずらい塗料で塗りたい

 

いろんなテーマにお答えするのも、私たち職人の使命だと思います。

塗り替えについてお困りでしたらお気軽にご相談ください!!

 

 

 

僕たちの作業服が汚れていくほど、建物はピカピカになっていく。

それって嬉しい事なんです。だって、職人だもの。

 

はいっ!頑張ります!!Go Go!!


塗装を考える

東京23区、川崎市、横浜市の「塗り替え専門店」

湘南、藤沢、相模原方面の工事もお任せください!!

 

佐藤塗装店では私たちができる「塗装」を考え、お客さまに最高のサービス

お応えできるように、スタッフ一同 頑張っていきたいと思っています。

・外壁塗装工事 ・マンションアパート塗り替え工事 ・防水工事 ・屋根塗装工事

・店舗内装工事 ・住宅内装工事 ・古民家などのあく洗い ・各種リフォーム工事

 

お問い合わせはこちらからどうぞ