工場床面をエポキシ樹脂塗装で仕上げました! | 塗装を考える

塗装を考える

すべてはお客様の「笑顔」のために。


テーマ:

こんにちは。外装塗り替え専門 佐藤塗装店 佐藤です。

 

 

塗料は使用する用途によって、対応できるようになっています。

今回は、ある工場の床面が剝がれてきて、美装も兼ねて塗り替えをしたい。

とのご相談でした。

 

床に塗る塗料は、防塵塗料などが一般的でありまして、その用途によって

「固さ」などを示す「引っかき硬度」なるものがあります。

 

JISの基準でえんぴつ法で「HB」とか「H」とか「B」などの呼び名が付いています。

用途というのはフォークリフトを使ったり、車の出し入れ、軽歩行などそれらで決めると

良いといわれています。

 

B  ⇒ HB ⇒ H ⇒ 2H ⇒ 3H

 

今回の工事では、「3H」の硬度であるエポキシ樹脂で塗装しています。

ちなみにですが、この塗料の向いている場所は工場、倉庫、駐車場、研究室、

配送センターなどが向いているそうです。

 

【工事の内容】

・工場床面の再塗装

東日本塗料 「フローンエコプラ速乾」(水性2液形) 下塗り

東日本塗料 「ソルエポ90」 (エポキシ樹脂) 中塗り上塗り

 

上塗り材は臭気のキツイもの(強溶剤)ですから、安全面に細心の注意を払いながら

作業にあたりました。

 

塗りあがるとただのグレーの床なのですが、仕上げの塗料にはいろんな意味合いがあります。今回のように車の乗り入れがあったり、重い物にも耐えられるように塗膜が出来上がっています。

 

塗装って奥深い・・・好

 

~私たち佐藤塗装店は、床の塗装も行う「塗り替えの専門店」です~

 

 

 

東京23区、川崎市、横浜市の「塗り替え専門店」

佐藤塗装店では私たちができる「塗装」を考え、お客さまに最高のサービスで

お応えできるように、スタッフ一同頑張っていきたいと思っています。

 

・外壁塗装工事 ・マンションアパート塗り替え工事 ・防水工事 ・屋根塗装工事

・店舗内装工事 ・住宅内装工事 ・古民家などのあく洗い ・各種リフォーム工事

 

お問合せはこちらからどうぞ

 

塗装を考える  佐藤塗装店さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります