塗装を考える

すべてはお客様の「笑顔」のために。


テーマ:

傷口を広がらないように処置をされる

何かが起こっている窯業系サイディング

下記のような工程で打替えをされます。



撤去 ⇒ プライマー ※場合によっては2回塗り ⇒ コーキング材充填


塗装を考える

塗装を考える

新たなコーキング材が充填された上に、シルバーの塗料が塗られます。

何か意味合いがありそうですよ^^


塗装を考える

塗装を考える

これまでの工程を文章化しますと

撤去 ⇒ プライマー 場合によっては2回塗り ⇒ コーキング材充填 ⇒ プライマー??


なんとも「コーキング材」はプライマーによって、サンドイッチされてしまいます(笑)

・・・・・プライマー2度目の登場。


実は後から塗られた「プライマー」の意味合いは、後に重ねられていく塗膜に

影響を与えます。最初に塗られた「プライマー」とは別物なのです。




この、シルバーのプライマーの正体

関西ペイント社製 「シープラ」 というシーリングの上に塗る

専用プライマーになり、シーリングによるトラブルを未然に防ぐ役割があります。


塗装を考える


上から塗られる塗膜との密着性であったり、ブリード汚染であったりと

この「シルバーの膜」でトラブルから、回避させるといった意味合いになります。


上から重ねられ見えなくなる塗膜ですが、その役割はとっても重要。

後に「イメチェン」 される壁面は、打替えられたコーキング材にひと手間加えられるのでした・・・



・・・・・・・・では、この「プライマー」を塗らないと・・・・・どうなるのでしょう? ね。^^  (続)





>>>>>NEXT>>>>>プライマーの力






塗装を考える

佐藤塗装店では私たちができる「塗装」を考え、お客さまに最高のサービス

お応えできるように、スタッフ一同 頑張っていきたいと思っています。


お問い合わせはこちらからどうぞ

いいね!した人  |  リブログ(0)