塗装を考える

塗装を考える

すべてはお客様の「笑顔」のために。


塗装を考える



東京23区、川崎市、横浜市を中心に塗装工事を承っております。

親切、丁寧、高品質、価値のある塗装工事をご提供しております。

塗装・外壁塗装・屋根塗装のことなら 株式会社佐藤塗装店 ヘ お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ



* もう一つの 「塗装を考える」も新たに始めました!こちらも併せてよろしくお願いいたします。

 (画像をクリックするとリンク先が表示されます)




大谷石の補修工事 擁壁大谷石をヨウヘキコートで仕上げました!!

こんにちは!塗りかえ専門店 佐藤塗装店 佐藤です。

 

 

最近、大谷石のご相談を頂くケースが非常に多いのですが、そのよくあるケースに一つとして「大谷石がボロボロと剥がれてきて、困っています!!」

 

っていう経年劣化のご相談であります。

施行の方法としては、劣化をしている箇所を斫って(はつって)、モルタルで塗る方法をお勧めいたしました。モルタルで塗ると申しましても、素人が遊び半分で補修をするものではなく、左官のプロがビシーッーー!!と金コテで仕上げる平滑な仕上げになります。

 

その中には、金網(ラス)張って、モルタルを何度も塗り上げ、ひび割れ防止のメッシュも入れて仕上げる施工方法です。

 

詳しい施工方法はこちらをご覧ください。

 

 

*画像クリックで移動

 

 

今回の工事では、モルタルで仕上げた後、擁壁専用の塗料で保護塗装を行っております。

 

 

既存状態は、大谷石が風化劣化して細かな石が落ちてきている状態です。ここまでの劣化状態ですと、強い雨に叩かれて石が落ちる状態と考えられます。

 

上記にある施工手順で、モルタルを仕上げこの状態になりました。

 

もちろん、この状態でも十分キレイになっていますが、今回は保護の塗装も施工させて頂きました。

 

擁壁に何を塗る??多分、塗料のメーカーで擁壁は湿気の影響もあるから塗装仕上げには、望ましくないというのが一般的な考えです。しかしながら、その擁壁の専用塗材がございまして、今回はこちらの塗料を採用しました。

 

 

 

インターナショナルペイント 「IPヨウヘキコート」で仕上げを行いました。

この塗料の特徴は、通気性塗膜を形成するシリカ系塗料です。この擁壁部分に膜をがっちり張った仕上げを行うと、擁壁内の湿気の影響を受けてしまい、剥がれ、膨れなどのトラブルの元になってしまいます。

モルタルの保護、美観と共に、汚れもセルフクリーニング流してくれるようで、今回の擁壁や基礎、ブロック塀などにも持ってこい!!の塗料のようです。

 

今回のケースのように、大谷石がボロボロ落ちてくるケースでお困りでしたら、お気軽にご相談ください!!

 

 

 

僕たちの作業服が汚れていくほど、建物はピカピカになっていく。

それって嬉しい事なんです。だって、職人だもの。

 

はいっ!頑張ります!!Go Go!!


塗装を考える

東京23区、川崎市、横浜市の「塗り替え専門店」

湘南、藤沢、相模原方面の工事もお任せください!!

 

佐藤塗装店では私たちができる「塗装」を考え、お客さまに最高のサービス

お応えできるように、スタッフ一同 頑張っていきたいと思っています。

・外壁塗装工事 ・マンションアパート塗り替え工事 ・防水工事 ・屋根塗装工事

・店舗内装工事 ・住宅内装工事 ・古民家などのあく洗い ・各種リフォーム工事

 

お問い合わせはこちらからどうぞ

ジョリパットフレッシュで外壁の塗装

こんにちは。塗りかえ専門店 佐藤塗装店 佐藤です。

 

私たちが行っている「外壁塗装 塗りかえ工事」では、それこそ星の数ほどある塗料を選別しまして、その外壁に適した塗料をご提案、そして施工をさせて頂いております。

その塗料も色々とございまして、大まかに分けると油性、水性から始まり、その壁面に適している仕上げ材をチョイス致します。通常の塗料を塗っているように見えるこちらの外壁でも、細かい砂が配合されていて、乾くと艶消しになる塗料を塗らせて頂きました。

 

 

って、まぁ題名に出ていますでネタバレではありますが、「ジョリパットフレッシュ」というアイカ工業から販売されているジョリパット純正の塗り替え塗材になります。

 

今回塗らせていただいた外壁は、15年前にジョリパットの吹き付け模様である「リシン模様」を風合いを変えずに塗り替えをするいう塗り替えのイメージになります。

 

例えば、塗り替えをする中には、

・汚れにくいくしたい

・できる限りの耐久性を

・ピカピカはNG

・今の風合いを残したい

・ひび割れに強い壁面にしたい

 

このように様々な要望があるなかでの、外壁の塗装になる訳でありまして、今回もできる限り風合いを残した塗り替え工事を・・。

とのご要望で、ジョリパットフレッシュでの塗り替え工事となりました!!

 

 

↓ 風合いを変えずに塗り替えをする方法とは・・。下記より。

 

 

 

工事は、ご要望通り風合いを変えない「ジョリパットフレッシュ」での塗り替えとなりました!

工事の詳細を下記にまとめました!!

 

 

*画像をクリックすると移動します

・ジョリパットフレッシュの塗り替え工事、他

・バルコニー防水、長尺シート施工

 

 

 

 

僕たちの作業服が汚れていくほど、建物はピカピカになっていく。

それって嬉しい事なんです。だって、職人だもの。

 

はいっ!頑張ります!!Go Go!!


塗装を考える

東京23区、川崎市、横浜市の「塗り替え専門店」

湘南、藤沢、相模原方面の工事もお任せください!!

 

佐藤塗装店では私たちができる「塗装」を考え、お客さまに最高のサービス

お応えできるように、スタッフ一同 頑張っていきたいと思っています。

・外壁塗装工事 ・マンションアパート塗り替え工事 ・防水工事 ・屋根塗装工事

・店舗内装工事 ・住宅内装工事 ・古民家などのあく洗い ・各種リフォーム工事

 

お問い合わせはこちらからどうぞ

 

屋根の塗装(コロニアル屋根の塗り替え工事)

こんにちは。塗りかえ専門店 佐藤塗装店 佐藤です。

 

残暑お見舞い申し上げます。

暦の上では「秋」らしいのですが、今年は梅雨が長かったせいもあり、なかなかこの暑さに慣れない訳でありまして・・・。

 

私たちが塗りかえを行う「屋根の上」もアツアツ!!な訳でありまして・・・。

とは言いながらも、塗らない訳にもいきませんので・・・。

 

外壁塗装と共にアツアツの屋根を塗らせて頂きました!!

 

 

 

既存の屋根はハウスメーカーのコロニアル屋根で、棟材もこの屋根材で覆っているなかなか変わったタイプ??に見受けられました。

 

 

いつものように、洗浄工事でコケ、藻を除去した上で保護の塗装を行います。

 

 

冒頭にも申し上げた通り、屋根の上はアツアツ!!です。

普通にしていても汗が噴き出すような、猛烈な日差しと反射もありこの時期の屋根塗りはホント戦場です(笑)

 

でもね、一つ一つを丁寧に作業をして、ピッカピカな屋根になりました!!

 

 

オレンジ色の屋根から、グリーン色(モスグリーン色)に塗り替えをさせて頂きました。

2液形弱溶剤系の屋根材もあり、艶感、肉持ち感も優れたものです。

一生懸命丁寧な塗り替えを行った屋根材が、いつまでも長持ちしてくれますように!!

 

 

最後に余談になりますが、今回塗らせていただいた屋根材はアスベスト規制のかかった後に販売されている「ノンアスベスト屋根材」です。

素材の強化に使用されていたアスベストが、使えなくなってしまったために割れ、欠け、クラックなどが多いのが特徴とされています。

中には、塗装をしてはいけない屋根材(パミールなど)なども混在している、昨今のコロニアル屋根事情です。

 

 

下記は以前に伺ったお客様宅の屋根にて、やはり多数割れておりまして塗装をしても、この先・・・。という事例です。

 

⇒ 屋根の塗装??と 屋根葺き替え工事???

 

 

 

 

僕たちの作業服が汚れていくほど、建物はピカピカになっていく。

それって嬉しい事なんです。だって、職人だもの。

 

はいっ!頑張ります!!Go Go!!


塗装を考える

東京23区、川崎市、横浜市の「塗り替え専門店」

湘南、藤沢、相模原方面の工事もお任せください!!

 

佐藤塗装店では私たちができる「塗装」を考え、お客さまに最高のサービス

お応えできるように、スタッフ一同 頑張っていきたいと思っています。

・外壁塗装工事 ・マンションアパート塗り替え工事 ・防水工事 ・屋根塗装工事

・店舗内装工事 ・住宅内装工事 ・古民家などのあく洗い ・各種リフォーム工事

 

お問い合わせはこちらからどうぞ