【絵本を送って復興応援、やるなら被災地の書店さんでお買い求めアモーレ】広島、岡山での西日... | マイニチサトシン

マイニチサトシン

絵本作家サトシンの毎日。創作したり、講演したり、飲んだくれたり。


テーマ:
View this post on Instagram

【絵本を送って復興応援、やるなら被災地の書店さんでお買い求めアモーレ】 広島、岡山での西日本豪雨復興応援講演ツアーでは、広島県広島市のアルパークブックガーデン廣文館さん、岡山県総社市のヒロシゲ文庫宮脇書店総社店さんでも絵本よみまショーをやらせていただいたのだった。そんなこともあって、現地に出向いてあらためて思ったこと。東日本大震災や熊本大分震災の折はとにかくできることがあればと、声をかけられるままに絵本を被災地に送ったりもしちゃったんだけれど、それって、よかれと思ってやったことではあるけれど、被災地の書店さんにとっては、自分たちも被害を蒙っているというのによそからの善意で本が売れる機会を奪われているということでもあるワケだ。出版業界に身を置いているのにそのへんこれまで気づかなかったことは大反省。ということで、「被災地応援」で絵本を送るなら、できれば大量に集めて送ることはちょっとやめといて、やるのであれば現地の本屋さんで本を仕入れて贈るような仕組みを考えるのがベストじゃないかと思う。いろいろありますが、被災地の書店さんもガンバラレテ~!

佐藤伸さん(@satoshindesu)がシェアした投稿 -

satoshindesuさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス