ビブラムファイブフィンガーズで外反母趾が治った話 | アウトドアライフクリエイター 飯泉 賢のブログ

アウトドアライフクリエイター 飯泉 賢のブログ

人生を楽しもう!をモットーに生きております。
オートキャンプやスノーボードなどのアウトドアアクティビティで遊ぶ楽しさを伝えております。

多種多彩なイベントを企画しております。
思いっきり遊びましょう!

以前から何度かこのブログで紹介している

5本指の靴 ビブラムファイブフィンガーズ。

自分の足にフィットしまくりで、段々手放せなくなってきたぞ~。

photo:02




今年の3月上旬から履き始めたが、

最初の感想の記事はこちら

この時に立てた健康に良いといい仮説が見事に当たっていたと言える。


何故、健康に良いのか?

注意点も含めていくつかポイントを上げてみたので参考にして欲しい。







①外反母趾が治ってきた!

 外回りの営業マンだった僕は、歩くのが仕事みたいなもの。
 足を締め付けない様に、出来るだけ革の柔らかい靴を選んで履いて
 いたが、20年の歩き仕事で気付かぬうちに外反母趾になっていた。

 それが、今年会社を辞めて革靴を一切履かなくなり、
 (履いたのは友人の結婚式の1日だけ)
 ほとんどの日をビブラムファイブフィンガーズを履いて生活したら
 なんとこれも気付かぬうちに治ってた。これは今日の写真。

photo:01



3ヶ月前の写真

photo:04


 
 親指の角度が違うだろう‼︎
 内転していた親指が外転され正しい位置に戻っている。
 5本の指がほぼまっすぐに伸びている。

 これにより、肩こりや頭痛が無くなった。

 5本の指でしっかり立つ。
 5本の指でしっかり歩く。
 これが、腰の負担軽減、腰のバランスが良くなる。

 人体の要である腰がきちんと落ち着くと、背骨、首、頭がしっかり立ってくる。
 骨のズレや歪で、無理な筋肉の緊張によって腰痛や肩こりが発症するので
 ないか?と考えられると思う。 

 この様に、自分の身体と対話しながら生活することは、
 健康維持に最も不可欠な要素だと僕は思っている。


②高尾山登山で2万歩制覇できた!

 身体に良いことが分かり始めたこともあり、
 当日の天気予報が降水確率0%だった
 こともあり、僕は登山用にビブラムを選択した。

 メレル社のトレッキングシューズと迷ったが、
 ビブラムで良かったと思っている。

 こんな、山道でも全く問題なかったよグッド!

photo:03




 むしろ、足の裏が刺激されて気持ち良かった。

 結論としては、

 そりゃ~登山靴やトレッキングシューズの方が楽だろう。
 その用途のために作られているのだから。
 しかし、足を鍛えると言う目的に於いては、ビブラムの方が優勢だと思う。

 普段歩かない登山道を歩いたので、
 普段使わない筋肉を使ったため、
 翌日は軽い筋肉痛になった。

 サウナと水風呂を3往復したのだが、2万歩も歩いたからねガーン


 これはこれで心地よい疲れだったし、
 筋肉の付き方が分かり、今勉強している解剖学の参考になった(笑)


③慣らし運転が絶対必要!


 以上の様な効果がある反面、注意すべき点も述べておこう。

 慣らしが必要と言う事。
 靴の慣らしと言うよりも、身体の慣らしだ。

 ランニングシューズ等はクッション性が高いから
 地面の凹凸や固さを見事に吸収してくれる。

 足を守る意味で。

 ところが、ビブラムにはそのクッションが一切無い。
 地面のフィーリングがモロ感じられる。
 つまり、刺激が強いと言う事だ。

 筋肉や関節などは刺激を与えると疲労する。
 疲労の度が過ぎるとケガにつながる。

 最初の2~3週間は慣らし運転として

 5分~10分程度の散歩から初めて欲しいと思う。
 
 3週間以降は徐々にに距離と時間を延ばして
 行けば良いと思う。

 健康の為に履くのだから、健康を害してしまっては
 元も子もないだろう。

 あとは、外出する時は降水確率を良くチェックすること!
 ビブラムは雨に弱いのだ
 ソールが薄いし、僕のモデルは指の部分がメッシュに
 なっているため、水が簡単に浸みてくる。

最後に...

 かっこいい靴、オシャレな靴、高機能な靴を履くのも個人の自由だが、

 僕は「健康も老化も足元から」だと思っているし、

 「退化した足をもう一度鍛え治してくれる、人間本来の足に戻してくれる靴」

 だと心底思っているので、

 ビブラムファイブフィンガーズは超オススメです。