● 肘痛の原因はオーバーワーク
 
水素水は言わずと知れた飲み物ですが、
今日はこれを混ぜてみました。
 
ドン!!!
 
イカスミドリンク!!!!
{61AFC3DD-795C-4084-AD4B-6F9F7CA87D4C}
嘘です。
水素味噌汁です。
 
こんにちは!岩国で整体院を経営している大谷聡です。
 
 

肘を使いすぎることをオーバーワークと言います。

オーバーワークには、肘を曲げ伸ばしする使いすぎがあります。あまり知られていませんが、同じ姿勢をずーっとすることもオーバーワークに入ります。

 

例えば、学生の頃に「前ならえ」を長時間していると腕がダルくなった記憶はありませんか?赤ちゃんを抱っこしていると腕がダルくなった記憶はありませんか?

 

肘を使いすぎることが肘痛の原因になります。

 

 

原因を説明することは簡単です。

しかし、原因を知ったところで痛みが解消するわけではありません。

痛みを解消するにはオーバーワークによって肘に起こっている変異を探して元に戻してあげることが必要になります。

 

肘だけでなく、腰でも肩でも首でも膝でも同じことです。

 

肘のオーバーワークを解消するには、

肘に起こっているスパズムを解消すること。

それが肘痛を解消してくれます。

 

スパズムとは?

足の「こむら返り」と似ています。

 

肘の関節周りの筋肉がこむら返りの状態になっているので痛みが引かない治らないのです。

こむら返りした足をマッサージしても治らないのと同じで、肘の痛いところをマッサージしても治らないのは経験済みかと思います。


筋肉のスパズム・こむら返りには、マッサージではなくスパズム・こむら返り用の施術をすることで効果が得られるのです。

 

治るどころか悪化することもあるマッサージを続けても治らないんですよ〜

肘の痛みで悩んでいる方は今すぐ電話予約くださいね

 

 

 

整体サロン情報

【営業時間】9:30〜19:00(日・祝日休み)
【最終受付】19:00 完全予約制
 電話ご予約はこちらをクリック 070-5300-4976
スマホLINE予約はこちらをクリック@dsj5004o​ 

メニュー・料金 / プロフィール / お客様の声 / アクセス / Q&A

● スポーツをしながら痛みを直せるのか

まだまだ寒い日が続きますが
いかがお過ごしでしょうか?
 

ダウンジャケットを毎日着ていますが、駅前には薄着の方がたくさん。寒くないのだろうかと頭をかしげながら横を通り過ぎていくのでした。

 

風で風邪を引く=風邪(ふうじゃ)

体に風が当たり続けると、徐々に体表の熱を奪い、皮膚や粘膜が乾燥する。皮膚や粘膜が乾燥したら次に何が起こるか。体内にウイルスや細菌が侵入しやすくなりますよね。免疫力が下がってしまい、容易に細菌やウイルスの侵入を許すようになってしまいます。

気をつけてくださいね

こんにちは!岩国で整体院を経営している大谷聡です。

 

 

スポーツをしながら痛みを直すにはどのような方法が良いのでしょうか? 自分が学生の頃(15年前)は、整体を受けたら痛みが楽になって3ヶ月もたせていたのを覚えています。

 

岩国高校の野球部なので休みはありません。

それでも次のテスト週間まで身体をもたせることを続けました。その結果は、大人になるとガタがきました。

 

今よりも食べ物がマシだったので、栄養価のあるもので身体が構築されていました。今でも栄養価のある食べ物はたくさんありますが手に入れるのが困難になっています。

 

では、どのようにスポーツをしながら痛みを治すのが良いのか?スポーツをしながら痛みが安定するまでに3ヶ月はかかります。誰が何を言おうと3ヶ月平均です。

 

大人からすれば、我々が若い頃はそんなにケガしなかったぞ!と内心思ってしまいます。しかし、食べ物や環境が変わった今はケガをする頻度が上がったのです。

 

ケガしやすい身体になっているのです。

最近の寒い暑い、また寒いの繰り返しによる風邪がその一例になります。

 

スポーツをしながら痛みを治すには3ヶ月かかります。そのためのお得なコースもあります。まずは、防寒をしっかりとしてケガを未然に防ぎましょう!

 

それでもケガをしてしまったら、ぜひ整体を受けに来てくださいね〜

 

 

整体サロン情報

【営業時間】9:30〜19:00(日・祝日休み)
【最終受付】19:00 完全予約制
 電話ご予約はこちらをクリック 070-5300-4976
スマホLINE予約はこちらをクリック@dsj5004o​ 

メニュー・料金 / プロフィール / お客様の声 / アクセス / Q&A

● 子供は親任せ
 
2日間、大阪の研修に参加してきました。
科学的に研究者さんたちが発表している、水素の可能性についての話や、オゾンの可能性についての話です。
 
今まで、見えない世界の話や整体技術の勉強が多かったのですが【時代の流れを読み】今年は科学的にエビデンスの多いものを取り入れようとしています。
 
知識の武装と道具の武装
 
使えるものは神でも親でも何でも使う精神で
太子堂は急成長しております。
 
 
こんにちは!岩国で整体院を経営している大谷聡です。
 

 

3ヶ月ぶりにSさんが来ました。

Sさんは小学生なのでお母さんに連れてきてもらいます。

これを未成年という。

 

整体に来るときはお母さんの判断です。

Sさんの「痛い!」という意志をくみ取って、お母さんの「まだ大丈夫!まだ大丈夫!そろそろ整体だな」という判決がおりたら整体に来るということです。

 

言い換えると、

子供の健康は親の思考で成り立っている

とも言えます。

 

子供の膝痛や捻挫、スポーツの怪我など

子供は大人に比べると早期に痛みがなくなります。

なぜなら若いからです。

 

子供は大人に比べると成長速度が早いです。

カラダがゆがんだ状態だと、ゆがんだまま成長するということです。ものすごいスピードで。

早期に痛みがなくなるのに痛みをゆがみを放置していると、成長の妨げになります。

 

話が脱線したので戻します。

 

3ヶ月前に来たときのSさんの目は【焼き魚の目】をしていました。しかし、今日来たSさんの目は濁っておらず、まだ光を反射している状態でした。(↑超失礼御免)

 

大谷「今日は焼き魚の目じゃないよ。いい頃に来たね」

 

お母さんは隣で笑っておられましたとさ。

 

 

 

整体サロン情報

【営業時間】9:30〜19:00(日・祝日休み)
【最終受付】19:00 完全予約制
 電話ご予約はこちらをクリック 070-5300-4976
スマホLINE予約はこちらをクリック@dsj5004o​ 

メニュー・料金 / プロフィール / お客様の声 / アクセス / Q&A

● 捻挫は勝手に治るのか?

最近、昼休憩に40分ウォーキングしてます。
整体院から白崎八幡までちょうど20分。太陽に向かって歩いて行く感じになるコースです。
 
 
なんのために?
 
日焼けのため。
ちょっとでも肌を焼いて健康的に見せるため。笑


2日目にして皮膚が剥け始めました。
今年の紫外線は強い!?
みなさん要注意ですよ。

太子堂の大谷聡です。
 

 

捻挫は勝手に治るのか?

 

勝手に痛みは引いてきます。

3週間くらいすると痛みがなくなって、2ヶ月過ぎると忘れるのです。

 

その代償に、腰痛や肩こりが発生します。

 

捻挫で足をひねった部分のバランスをとるために腰や姿勢をねじるのです。

結果、腰痛や肩こりが強く感じる。

 

 

捻挫は整体で効くのか?

 

内出血のない捻挫でしたらその場で歩けるようになります。

もちろん痛みも激減、もしくはゼロ。

 

小学生のIさんが捻挫で来ました。

2ヶ月経っても治らないので、整体に来ました。

 

足首の関節がズレたままなので、本人にしか分からない痛みを感じます。

病院に行ってレントゲンを撮っても異常が見当たらないやつです。

 

一緒に見た内容は以下

・足首を押したら痛い

・こけやすい

・左膝の痛み

 

ぜーんぶ一緒に調整していきます。

なぜなら全身繋がっているから。

 

足首を調整したけど、こけやすい理由を変えてあげないと再発しやすいですよね。

こけたらまた来てね!でもいいのかもしれませんが。

 

 

捻挫は整体で効きます。

整体なら捻挫の起こりやすい原因も対処できます。

 

目をつぶって左右前後にフラフラするなら、それは転倒や捻挫の原因になります。

重心が安定していないので、重心を整える必要があります。

 

足首のズレを整えて痛みがなくなったら、

重心を整えてフラフラしないように矯正をかけます。

さらに、あのインソールを入れて重心がブレにくくしてあげると最強ですね。

 

足も早くなるし、身体能力も上がるという優れもの。

ドーピングみたい。笑

 

捻挫は整体で効きます。

だから、捻挫したらすぐに来てくださいね。

 

4日(水)、5日(木)は出張で休みです。

ライン or メッセージなら繋がるので、6日以降の予約はラインかメッセージでくださーい

 

整体サロン情報

【営業時間】9:30〜19:00(日・祝日休み)
【最終受付】19:00 完全予約制
 電話ご予約はこちらをクリック 070-5300-4976
スマホLINE予約はこちらをクリック@dsj5004o​ 

メニュー・料金 / プロフィール / お客様の声 / アクセス / Q&A