こんにちは。

 

松澤諭です。

 

 

 

 

 

昔働いていたところで、

 

正論で相手を言い負かすのが

 

得意な人がいた。

 

 

 

 

 

その人のことで同僚から

 

愚痴や相談を受けることが多かった。

 

 

 

 

 

その内容はだいたいが

 

 

 

 

 

「私、間違ってましたか?」


「良かれと思ってやったのに・・」

 

「あの人と一緒に仕事をする自信がないです」

 

 

 

 

 

こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正論って

 

正しいことではあるんだけど、

 

 

 

 

 

その正しさの基準は

 

実は曖昧だったりする。

 

 

 

 

 

誰もが

 

自分の正しさの中で生きていて、

 

いろんな正しさが存在する。

 

 

 

 

 

そんな中で、

 

自分の正しさを基準に正論を押し付けると、

 

 

 

 

 

「私は正しい。あなたは間違っている。」

 

という印象を与えることがある。

 

 

 

 

 

人は否定されたと感じると

 

承認欲求が満たせない状態になり、

 

感情に反応が起こる。

 

 

 

 

 

不毛なぶつかりあいを避けるには

 

相手がどう感じるかを意識することが大事だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正論も使いようだと思う。

 

 

 

 

 

正論で笑いをとる

 

芸人さんだっているし、

 

 

 

 

 

強く共感される正論だってある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局は

 

相手がどう思うかってことだよね。

 

 

 

 

 

正論自体に

 

良い悪いはない。

 

 

 

 

 

ただ、正論は

 

自分の自己重要感を

 

満たすためだけに振りかざすと

 

 

 

 

 

裁きの武器に

 

なってしまうことがあることを

 

覚えておこう。

 

 

 

インターネットラジオをやっています。

 

ぜひ聞いてみて下さい(*^-^*)

 

http://honmaru-radio.com/category/matuzawa/

 

クリックして頂けると

とても喜びます(*^-^*)

にほんブログ村 その他生活ブログ 話し方・聞き方へ