こんにちは

げんきママです


うさぎさんの話、まだまだ続きます音譜


5月6日に迎えにいくと決めてから、私の気分はすっきりドキドキ

子どもが納得しているかどうかは微妙。



2匹とも、ペットショップにおいておいてあげようよ。と言い出してみたり、

2匹ともすぐに飼おう。と言い出してみたり。

うさぎの話をしなくなってきたりとか。



かわいい子がきたら、またすぐにみんな夢中になることは

わかっているけど、まだまだ厳しい空間が漂う。



本気で、2匹とも飼う。を、考えました。


でも、主人が”オスメスで、増えるってことも大変だけど、

メスメスだった場合、カゴを二個にして、飼うの?”と汗



確かに・・・たくさんうさぎさんを飼う場合の注意について、

情報を検索してると、



メスとメスは大人になるにつれて、

けんかになるから、一緒に飼えないことが多い。と。

オスオスも相性によっては、ダメみたいだし・・・



次男の”一緒に”という気持ちもよくわかったけど、

冷静に考えると、ちょっと難しいあせる



ペットショップのお兄さんには、

”生後8週間にあたると思われる、5月6日に来ます”といって、



”そのとき、1匹売れていたら、その時点でお店に残った子にします”ってことに

しました。



あの2匹がお店にきたのが、4月20日、

5月6日なら、そこからも2週間たってるし。

自分のなかではきめた日でした。



で、誰か、その間に、1匹飼ってくれるといいなーと。

すごい、他力本願だけどあせる



昨日、気になって、様子をまた観にいってみました。



そしたら1匹しかいない!

3日前に、家族が決まったそうでした。



残された1匹は、ちょっとさびしそうに見えたけど、

お兄さんが、取り出そうとすると、ものすごいげんきにピョンピョン!



ごはんもよく食べるとのことで、成長してきてました。



顔の感じも、ものすごーーーーくお兄さん(って女の子かもしれないけど)になってました。

ちょーーーーー可愛いドキドキドキドキ



あの子が来月6日にうちに来ると思うと、

ワクワクしてきました。



あと、1週間かあ、長いなあ。

AD

こんにちは。

げんきママです。


上智大学で行われた、安河内先生の講演会に、いってきました。


げんきママの!子育ママのネットでゲット!ワクワクライフ

”上智大学の生徒じゃなくても、だれでも大丈夫!”と

安河内先生がフェイスブックでで募集されてたので、

40代主婦も思い切って初めての上智大学に潜入(笑)



高校生が思いのほか多く、上智大学生ほか、大学生もたくさん。

私のような年代の男女も結構いましたビックリマーク

あんまり、目立たない、うれしいやら、つまらないやら



前半、海外経験豊富という現役上智の生徒が、パネルディスカッション。

アツいトークバトルあせる



海外にいっていろんな経験をつんだり、

いろんなNPO立ち上げたり、代表やったりっていう経験を

持ってる大学生は、これだけはっきり人前で話ができるのねーっていうぐらい、



政治家のれんほうもびっくりなほどの勢いのトークに、

最初、ちょっとひいてしまったけど、



この人はどんな職業につくのだろうと、彼女達の将来に、

興味津々になったりして。(5人とも女性だった)



やっと、後半、待ってましたの、安河内先生登場!

いらしただけで、先生のオーラで場はもりあがりまくり。


あっというまに、会場は、先生の話に集中!

話のいちいち全部に、納得、ガッテン。

なるほど、なるほど。



外国に行くことの5大メリット、

英語を学ぶことの5大メリットというハンドアウトにフィルインしていく恋の矢


げんきママの!子育ママのネットでゲット!ワクワクライフ

先生が会場のみんなに答えを求める。

正解だろうが、ちがってようが、とにかく発言した人には、

先生から本と、安河内先生オリジナルストラップがプレゼント。



私の隣にすわっていた、まじめそうな感じのいい男子大学生があてられ

本と、ストラップを2個ゲット!

うらやましいラブラブ

帰るときに、”安河内先生のストラップ、写真にとらせていただけませんか?”と

あつかましいとは思いながらも、お願いしたら・・・



”よかったら1個どうぞ合格”といわれて、じょーーーーーーちょーーーー

感激!



なんと、やさしい大学生がいるものか。

ほんとに、ありがとう。

ここでいっても、伝わらないけど汗



先生の言葉で一番、納得したのは、

”英語ができるっていうだけで、そのことだけで仕事になったり、

他人からすごいってまだまだ思ってもらえるのは日本だけ。”って。


なるほど。

英語ができるっていうことをまだまだ武器にしたりできる環境は日本だけ。

それだけ、まだまだものすごく英語ができるひとってごく一部なんだってこと。


いつかそのうちに・・って言ってないで、今やってくださいよ。

次の夏には、必ず海外にいってくださいよ。と大学生にミッションを!


TOEIC SW(スピーキングライティングテスト)を受けることもかなり強く推奨!



いやあ、ほんとに、安河内先生ってかっこいい。

ONE PIECEのルフィみたい!

うーん・・・



”私もがんばるぞーーーーーーー”

そんな気持ちがまたフツフツわいてきたーーーーーーーーーーメラメラ



AD

こんにちは

げんきママです。


うさぎさんの話は、なんとなく家のなかで、

誰も口にしなくなっていました汗



あのうさぎさん、どうなったんだろう。

まだお店にいる、かわりのうさぎさんも、どうなったんだろう。



家族みんながそう思いながらも、

もう、うさぎさん、飼わなくていいかも。

って、思ってるのかもしれないし、



私の様子から、言い出さないほうがいいのかもしれないと

思ってるのかもしれないし。


もうすっかり忘れてるのかもしれないしハートブレイク



そんなことを思っていたら、ちょうど

昨日、うさぎさんのお店から電話がありました。



"実は代わりにといっていた、もう1匹のうさぎさんも、

調子が悪くなって死にました”と。



とっても残念というか、かわいそうと思う気持ちと一緒に、



この前。私たちのところで調子が悪くなったうさぎさんも、

私たちのせいじゃなかったのかもしれない汗



まだ小さいのに、私が買ってきてしまったから、いけなかったのかも。

お店においておいてあげたら死ななかったかも。



という気持ちは消えました。



だって、ずっとお店にいた子も死んでしまったのだから。


と、

勝手かもしれないけど、なんとなくホッとしたような、

ちょっと救われた気持ちがちょっとありました目



で、代わりにまた仕入れたうさぎさんが、きたので、

時間があるときに観にきてほしい。と。



主人といそいで、みにいきました。

また小さいネザーランドが2匹。寄り添っていました。

もう1匹、グレーのうさぎもいました。



全部で3匹。



”このグレーがミニうさぎで、茶色のが、ネザーですか?”ときいたら、

どれがどれかわからない。



という返答。

へ?



でも、下世話な話、

ネザーは21800円、

ミニウサギは5800円です。



みため、一緒っていうか、

どれがどれかわからない・・っていう状態で、判断できませんでした汗

とりあえず、またきますね。と。



それに、とっても、気になったのは、

グレーの子の前足と、口が、あきらかに

皮膚にダニ?と思う様子がありました。



とにかく、どの子にするにしても、

判断できませんでした。



この子!と思っても、まだつれていけないと思いました。

前と同じ、また3月初旬産まれ。



今日の夕方、今度は次男と見にいってみました。

すると、次男が見てすぐにいいました。



”あーー、また、仲良しさんじゃん。

ダメだよ。どっちかとかは。



前のだって1匹だけ買っていったから、

どっちも死んじゃったのかもしれないじゃん”。



と。

はあ?と思いましたが、なるほど。


子どもが言うことが正しいかもしれませんあせる

うさぎは、淋しいと死ぬ動物ということをきいたことがあります。



・きっと、うさぎさんそのものに何か原因があったのかも。

・お店がまだ8週間にならない子を仕入れたからよくなかったのかも。

・私も、早くかってき過ぎた。



なんて、なんとなく、大人の勝手な理由を想像してましたが、



やっぱり、違うかもあせる



次男がいうとおり、2匹で仲良くしていたうさぎさんを、

引き離して、2匹ともさびしくしちゃったから、早く死んじゃったのかもと。



またまた反省するのでした。



次男がまたポツリ。

”2匹とも飼うならいいと思う”と。



私のなかでは、

”増えたら困るじゃん。うさぎを飼うなら1匹だけ”という人間の勝手な考えしか

なかったんですが、



ちょっと考えてみようかと思いました。



そういえば、年末に死んでしまった、8年うちにいてくれたピッコロに最後、

謝ったことがひとつあったのでした。

”ママの勝手な考えで、ピッちゃんをママにしてあげられなくてごめんね”って。



いつもは、やんちゃで困った次男ですが、

最近人間として、私が教わることがたくさんあります。



大人の中では当たり前の考えも、

本当にそれが正しいかとうか考えたら、違うかも。

というヒントをくれるのが、次男です。



次男は、なぜか、60才から80才の

おじいちゃん、おばあちゃんからとっても可愛がられますラブラブ

そして、同級生の女の子に、かなり慕われてます(笑)



前に、年配のテニスのコーチから言われたことも思い出しました。

”あの子を育てると、あなたも育つよ”と。



ペアのうさぎさん。

ちょっと考えてみます。

また、生きること、生まれること、育つこと、について、いろんなことを学べるかもしれないしドキドキ



AD

大人に育て時期

こんにちは

げんきママです。


最近子育てに苦労してます。

多分、次のステージにはいったんだと思います。


お母さんになるって・・・

ずっと妊娠がわかってから、ずーっと自分が死ぬまで続くと思うんですが。


妊婦さんの間は、赤ちゃんになるまで育て・・ってことですよね。

赤ちゃんを育てている間は、子どもになるまでげんきに育てるってことですよね。


そこからですよ。

子どもを大人に育てることも、子育て時期ですが、

これって、大人に育て時期だと思うんです。



タイプミスじゃないですよ。


”大人に育て時期”


もう一回


”大人に育て時期”


子どもに育てた。

手が離れたと一瞬思った。


しかし、ここからは、ボスキャラと大戦!っていうぐらいな戦いで、なかなかクリアできず。



うーーー、大人に育て時期!

なんとか、楽しくやれないものか

こんにちは

げんきママです


娘がこの前買ったたまごっちが

(中1にして、幼稚園生がはまるようなあのおもちゃです)

子育てのヒントになることがあります汗


なんでも、ペットを育てていくゲームなんですが、

”ほおったかしすぎたり”

”甘やかしすぎたり”すると


家出しちゃうそうなんです。


くっそー、生意気な。

ゲームの中のひよこ(?)のくせに、

親に反抗して、家出するとは、なんだそりゃDASH!


昨日娘に、

”外出するので、かまっておいて。

ほおっておきすぎると、家出するし”といわれて、



まさか、ありえん、すんごい、やだーって思いながらも、

そのたまごっち預かってしまいました叫び



呼ばれるたびに、ボタンをおしたり、

なんだかわからないけど、ピコピコいじりました。

よくわからないけど。



そしたら、帰ってきた、娘いわく、

”あーあ、明日家出するわ、きっと”



はぁ?

ちゃんと呼ばれたらかまったし、

お風呂とか、ごはんもむりむり食べさせたし、

遊んでほしいかと思って、ぴこぴこしてあげたし、

これでもかっていうぐらい、かまいまくってやったしーーーーーーーーパンチ!



かまいすぎたそうですあせる



”あーあ、家出するわ

もう、ママがラブリッチを甘やかしすぎたし”といわれ、


じゃあ、頼んでいくなーーパンチ!って怒ることも忘れて、



”ほお、なるほどね。子育てってそういうことね。”

とかなんか納得してしまった。



たまごっちのルールには、

反抗期の次はフレンド期ってのがあるそうです。

うちの娘にもそろそろフレンド期がくるのでしょうか。


子育てのヒントをもらっちゃいましたラブラブ