3Dプリンター 続編

テーマ:

前回はブレーキスポンジスライサーを3種類紹介しましたが
本日はタイヤ加工治具とMSシャーシの加工治具を紹介します。




サイズは23〜26.5㎜まで設定出来ます。
タイヤにシャフトを刺して


棒ヤスリを当てて好みの径に合わせると簡単にタイヤを加工することが出来ます。
仕上りの精度を優先すると最終的には手作業とノギスは必要ですが
リューターは必要ですがコスパを考えると、とても優秀な治具だと思います。


そしてMSシャーシの治具はこちら



この治具はMSシャーシのフロントとリヤユニットを固定する為の物で
ユニットをフレキシブル加工するのにとても重宝します。

以上が3Dプリンター製品の紹介になります。







ミニ四駆ランキング