今月のお題「宮澤賢治の処方箋」 | えののにっき

えののにっき

シアターキューブリック新人俳優の榎本悟のブログ。
以後お見知りおきを。


テーマ:

今月のお題は「宮澤賢治の処方箋」

来月、11/21よりシアターキューブリック舞台公演である『十二階のカムパネルラ』が上演されます。
「カムパネルラ」とあるようにこちらの物語には少なからず宮澤賢治が関わってきます。

ということで、宮澤賢治の作品を一つ挙げ、「この作品はこんなときに効く」なんてなことを書いていきます!

僕自身宮澤賢治作品というとみんなご存知の有名どころしか読んだ事はないのですが、そんな中でも一つ挙げるとしたら「やまなし」です。

おそらく小学生時代。
教科書に載っていたこのお話。
人生で初めて宮澤賢治作品と出会いました。

初めて読んだ時は全くもってちんぷんかんぷん。
見たことも聞いたことも無い不思議な言葉や難しい言葉が並んでいました。
しかし、何故か強烈に印象に残っていました。

中学生になってたまたま二度目に読んだ時は、インターネットを使って考察やらなんやらを探して色んな解釈があることを知りました。

そんなこんなで今回久々に読み返してみると、これはまた違った印象をうけます。

楽しさ?美しさ?
そして不穏さ?

とっても短いお話の中なのに、ものすごく想像が広がり、心が上へ下へと揺さぶられます。

そして改めて思うのは、この不思議なお話は不思議だからこそ良いのだなと。
「やまなし」を読んで、その世界に想いを馳せる事でおおよそ悩みは頭の片隅に追いやられるでしょう。 

いつも仕事や家事や人間関係などなど、沢山沢山頭を使っている人にこそ、果ての無い想像の世界に浸るのも悪くないのではないのでしょうか。

ではでは。

『十二階のカムパネルラ』公式サイト
http://qublic.net/12kai/

ご予約はこちら!

えのさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス