今月のお題「銚電スリーナイン!私のベストショット!」 | えののにっき

えののにっき

シアターキューブリック新人俳優の榎本悟のブログ。
以後お見知りおきを。


テーマ:

今月のお題は
「銚電スリーナイン!私のベストショット!」

ということで、先月無事に終演致しました、『銚電スリーナイン Return to the Roots』の写真から一枚を選んでそのエピソードをご紹介!

私のベストショットはこちら!


ツッコミどころしかない!!

電車の床に倒れている男。
その男に目もくれず車内アナウンスをする車掌。
物憂げな顔でギターを携えるいろんな風(オオゼキタクさん)。

こんなに近くに固まってるのにお互い一つも干渉してないところがものすごい不思議な一枚。

一つ一つ解説させていただくと、まず床に倒れている男。これは私演じた「乗客の男」という役。銚電への愛が大き過ぎた結果、床に身体をくっつけて電車の走行音を胸に刻んでいる最中です。

そして千田さん演じる車掌。
朝からずっと床に寝ている乗客の男になかば諦めたのか、完全に無視して業務を遂行します。
男の腕と頭の隙間に上手いこと立っていますね。

そしてオオゼキタクさん、本番では実は位置が変わっているのですが、この写真を撮った時点ではここに座っていました。
実は乗客の男、タクさんの曲を聴くには一番の特等席でした。


車両の構造や運航の都合上で仕方ない部分もありつつですが、出来上がったこの三人の構図はなかなかのインパクト。車両に足を踏み入れたお客様が最初に目にするものとして一気に非日常感を感じて頂けていたら幸いです。

この非日常の光景とものすごい日常感のある車両やその車窓からの景色。この二つのギャップが鉄道演劇の魅力であり、緑川さんの演出の上手いところです!

いやー、自分の人生でまさか電車の床に寝るという経験をするとは(笑)

とっても楽しいのでぜひ一度お試しあれ!!
(※マナーを守り、他人の迷惑にならないようにしましょう。
はたから見るとかなり珍妙な姿です。
酔っぱらいと間違えられる可能性がございます。)


ではでは!

えのさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス