えののにっき

えののにっき

シアターキューブリック新人俳優の榎本悟のブログ。
以後お見知りおきを。


テーマ:

いよいよ間近にせまって参りました!
『十二階のカムパネルラ』!

タイトルにある「十二階」とはかつて浅草にあった展望塔「浅草凌雲閣」の通称「浅草十二階」の事です。

今回、公演が行われる劇場が、浅草にある「浅草九劇」。




こちらの劇場、先の浅草十二階があった跡地の目と鼻の先にあります。

というわけで今月のお題は、「浅草のここがオススメ!」です。

浅草といえば東京の一大観光地として日本のみならず海外からも沢山の人が訪れる街。

私も小さい頃からよく家族と訪れておりました。


ここ「やげん堀七味唐がらし」の七味唐辛子は調合をお好みで変えられて、オリジナルの七味唐辛子が作れます!

しかし、まだまだ知られざる浅草があるはず!
そんなオススメスポットを紹介致します!

そして、私が皆様にオススメしたいのはこちら!

「浅草むぎとろ」

ここの平日限定ランチバイキング!



こちら全部おかわりし放題でなんと!
1000円!

こちらのお店、普通に夜、コース料理を頼むと1万円以上するかなーり良いお店(笑)

なので、いくらランチバイキングといえど、主役むぎとろの美味しさは折り紙つき!



巨大なせいろとすり鉢はインパクト大!

席は相席となりますが、ゆっくりくつろげるスペースでお腹いっぱい食べることが出来ます!

そして、実は、
2000円だすとこれがグレードアップ!
席も一階から上階の景色が見える席に!
おかずの種類もぐぐっと増えます!!
 
次いくときはこっちにしようかとおもいます!!

皆様、浅草にお越しの際はぜひ訪れてみて下さい!!

ただ平日限定なのでご注意ー!

ではでは!

ーーーーーーーーーーーーー

『十二階のカムパネルラ』

とき
2018年11月21日(水)~25日(日)
ばしょ
浅草九劇

わずか33年で幻のように姿を消した巨塔「浅草十二階」。
日本一を誇る繁華街のシンボルが崩れ落ち、
やがて日本が暗黒の時代に入っていこうとしていた頃ーーー。
遠く岩手・花巻の地。
37年という短い生涯で、多くの童話、詩、絵を遺した宮沢賢治。
その作品群にも、彼の年譜にも「浅草」や「十二階」という文字は出てこない。
けれども、音楽や演劇に傾倒し、無類の新しもの好きだった賢治さんのこと、
きっと上京の際には、この煉瓦の塔に駆け上がり、
浅草の賑わいを胸躍らせ見下ろしたのではなかろうか。

賢治の代表作のひとつ『銀河鉄道の夜』は、
もう二度と会えない友、カムパネルラをめぐる心の冒険物語。
もしも、そのカムパネルラが賢治だったとしたら……。
浅草十二階と宮沢賢治、
流星のように時代を駆け抜けた2つの奇跡に訪れる、
切なくもあたたかい、クリスマスのお話。


■役者群
高橋茉琴 片山耀将 谷口礼子 千田剛士 榎本悟
眞実 今氏瑛太 金田理佐子 坂本実紅 佐藤沙予
品川ともみ 千葉太陽 鳥居きらら 藤井優海


■上演時刻
21日(水)19:30
22日(木)19:30
23日(金・祝)14:00/19:00
24日(土)14:00/19:00
25日(日)13:00/17:00
※開場は開演の30分前です。


■観覧料
4,500円(税込・全席指定) 
当日 4,800円
学生(大学・専門学校生以下) 2,500円 ※要学生証。
※未就学児の観劇はできません

チケットお求めの方は公式サイトから!

http://qublic.net/12kai/


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス