南伊勢町へ | satonkyのブログ

satonkyのブログ

関西一円にてフカセ釣り、紀州釣りメインにたまに落とし込みやタチウオ等をやってます♫

皆さんこんにちは!

この前、南伊勢町の初めてのポイントへと行ってきました。


場所は宿田曽漁港。

有名な場所なので三重県の釣り人は殆どの方がご存知だと思います。




なかなかのどかで広くてのんびりとした良い場所です。
が、ここもゴミの放置は目立ちます。
まあ大抵ゴミ捨てて帰る人は夏だけの遊びで来てるような人でしょうがね。

まあそれはさておき、初めてなので全くポイントも何も分かりません。
近くで紀州釣りをされてるご夫婦がおられたので声をかけて色々と教えていただきました。
チヌはまあいてますが釣れて1〜2枚だそうです(^^)

今日は餌取りが沸いてますよ。との事です(^^)



まあやるだけやってみましょう。


タナはだいたい10mくらい。
この日は下げる潮からのスタートなので8mちょいというところですか。
テトラが沈んでいるポイントもあるらしく、時折大きく根掛かりします。
根掛かりしない場所を見つけてそこに投げていきますが、オキアミ、コーン、サナギ、ボイル、どれも団子が割れると瞬殺されます。

左側のファミリーが釣ってる魚を見るとコッパとアイゴが多いみたいです。

よく来てるみたいでファミリーながらも慣れた手つきでサビキやウキ釣りをしてます。
釣りをされてるぶんにはいいんですが、、、

釣った魚を食べるのならまだしも、アイゴや小さいコッパが掛かるとほぼ殺してから海になげこんでいました。

まあ釣った魚が死んでしまうこともあるので、釣り人としての不可抗力ならば仕方ないとは思いますが、食べるわけでもないのに簡単に魚を殺して捨てるのは流石にどうかと思いましたね。

私は最近は持ち帰ることも減りましたが、
(たまに美味い魚が釣れたら必ず持ち帰りますけどね)
基本的に余計な殺生はしません。
フグもリリースします。
フグは可愛いですよ。(^^)

釣りっていうある意味ゲームとしての趣味は、どうしても人間が主導権を握り命とやり取りをする趣味です。
なので釣った魚が死んでしまうこともあると思います。
大きな大会では、計量した後の魚が死んでるなんてグレでもチヌでもざらにあります。
私はなるべくなら食べられる死んだ魚は持ち帰ります。

そうでない場合は、ほぼトンビにあげます。
小さいのだとものの1分もあればトンビが見つけて持っていきます。
大きなチヌとかは沈んでいくこともありますが、それすら食物連鎖に取り込まれていくんだと思っています。
人間が食物連鎖の頂点に立つ種族である以上、魚の命の生き死には左右できるでしょう。例えそうだとしても無闇な殺生はやはりどうかとは思います。
でも不可抗力ならばそれは釣り人として避けては通れない道でもあります。
その線引きって難しいですよね。

まあまずは沢山釣る腕を磨いてからまた後日色々語りたいものです(笑)

なんの話なんでしょうね?(笑)

で、案の定。
私と知り合いの竿のどちらにもやはりアイゴが。


サナギでもコーンでもひたすらアイゴ!

30あるなしなのですが、持ち帰る程でもありません。

なので即リリースします。
まれにフグ。

そんな時間が2時間以上続きましたのでここで大きく決断して場所を変えます。

南の端の波止場でやってましたが、そこから少し北の波止場へと移動します。

今日は風は緩い南風。
後ろからの風の方が紀州釣りはやりやすいのでそんなポイントを探して釣り座を構えます。

移動した先のポイントは浅くて流れも緩やかでやりやすい場所です。
最初はアタリもなくエサも残っていましたが、暫くするとエサが少しずつ取られるようになりました。

そしてハリを変えながら試しているとフグ。
そこからはエサはほぼ取られます。




14時半を回り、いよいよ釣らないといけない時間がやってきました!

ちょっと本腰入れて、ポイントを更に絞り込み、
ウキ下もちゃんと毎回調整して細かいアタリも見逃さないようにします。
なんとなく、
ただなんとなくチヌの気配を感じるような雰囲気になったあと


ちぬじじいさん作の寝ウキが前アタリのちょん、のあとに斜めにビシッと立ちます!

すかさず糸フケを巻きながら合わせを入れると、その瞬間から向こうへと走る魚信を感じました。
ズシンとした手応え。
遊泳力の高さを感じるパワー。


ボラ!?
いや、本命だ。
よく引く!
底に向かって穴でも掘るのかと思うくらいに竿を叩きながら底から剥がれない強さ。
これぞ茅渟という引き。

暫くやりとりして息を吸わせて、
タモを伸ばしたらまた潜る。
おいおいまだそんなパワーがあったんかーい。

更にまた竿を絞り込み抵抗をみせる。
そりゃあーた。相手は命がけで戦ってるんですからね。

そしてようやくタモイン!



46〜7といったところか。
サイズよりも何よりもナイスファイト!


クチビルに貫通していたハリがアタリの出方と渋さを表しているように思える。

気持ちいい(^^)

ありがとうと感謝を込めてリリース。


あ、

ちゃんと記念撮影はしました(^^)

いやー!良かった良かった!
さあ帰ろう!
あ、(^_^;)
お知り合いさんがまだ釣って無かった。

はいはいゆっくり釣ってくださいね。待ってますよ。
とのんびりとウキを眺めているとこちらにもビシッ!


キュウセンでした。


更に焦りを堪えて頑張ってはります。

するととうとう!

ビシッ!!!

今度は間違いない!
本命だ。
やり取りを慎重に慎重にやりながら、相手が力が尽きるのを待つ。

5分ほどしてようやく海面に浮上してきた茅渟をタモに入れて2人でガッツポーズ!




なかなか記憶に残る茅渟でした。

こちらのチヌにも感謝を述べてリリース。

はい。
今日もありがとうございました。

また、、、来る、、、かな、、、?
(^_^;)

さてさて。次はどこへ行こうかな?