喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

◆今年の発表会で初めて取り入れた表彰式


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


今年の発表会では、はじめて、永年表彰を行いました。


永年表彰は、いつも迷ったあげく、やらなかったんです。


でも、今年の発表会、私が記憶している中では、はじめて、高校三年生がいませんでした。


【全ての演奏が終わった後、高校三年生には、花束贈呈と、演奏でしめる】


毎年、このパターンで、終わっていましたが、今年の発表会では、このパターンが出来ません。


「であれば、表彰式を取り入れるなら、今年がいいかも?」


と考えました。


とはいえ、私は、新しい事を始めるのが、苦手なタイプ。


絶対「石橋は叩いては、歩きたくない」と思っています。


表彰式を取り入れた事で、考えられる、メリットとデメリットが、ポンポンと頭の中を、グルグルと廻っています。


もう、どうしていいか、わかんなくなって、セミナーなどで、知り合った先生方に、メッセージを送って、リサーチしました。


そして、やる事に決めたのです!!


表彰するのは、


【5年・10年目表彰】


ただ、はじめての事なので、特別に、6~9年目さんも、今年度だけ、表彰する事にしました。


5年目3人


8年目1人(発表会は、別件で欠席)


9年目2人


10年目2人


該当しました。



でもね、やる事に決めたはずなのに・・・


それでもって、賞状まで作成したのに・・・


新しい事、苦手な私は、本番、前の週になって、また、不安になっちゃって、


「やっぱり、やめようか、今なら、引き返せる」


って思いました。


そして、元、生徒さんの保護者、現在、大人の生徒さんに相談しました。


「親の立場で、この企画どう思いますか?」


それはそれは、大賛成でした。


ご自分のお子さんも、高校三年生まで、ピアノを習っていたので、こうした企画は、親にとっても、子供も、励みになると。


この言葉に、勇気づけられ、


「やっぱり、やろう!!」


と思いました。



・・・でも、本当に、新しいことへのチャレンジが苦手で、またまた直前になって、


「やっぱり、やめようか、今なら、引き返せる」


と、思ってしまいました(読んでても、イライラするでしょ)。


もう、表彰式で渡す、私からのプレゼントまで、届いているのに。



そして、今度は、多くの先生方に、親しまれ、尊敬されている、ますこしょうこ先生に、メッセージを送りました。


そして、即、返事がきました。


(出来る人って、何事も早いのだと、思いました)


私の不安視している問題に対し、一つひとつ、丁寧に答えてくださいました。


そして、書いてあった言葉の中に、


「やる側が迷っていると、受け取る側はすっきりしないものです」


この言葉が、全てを語る、と思いました。


そして、今年度、はじめて、表彰式を行いました。









私からの、プレゼントはお菓子です。


ここまで、長く続けられたてきたのは、本人のがんばりはもちろんだけど、ご家族の理解とサポートがあったからこそ。


「お菓子をつまみながら、思い出話してほしいな」


なんて、私の思いがあったんだけど、一人で、食べきった生徒もいて、注意しておきました(笑)



表彰された生徒さんたちは、喜んでいたし、ある保護者の方は、


「ご先祖さまに、ご報告、1日、お供えしてから、開けました」


なんて、言ってもらえました。



今日の、ブログが、先生方の、参考にもなれば嬉しいです。


それにしても、私の「叩いても、石橋は渡らない」という性格は、治らない気がするので、この性格と、上手く、付き合っていきたいと思います。



年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)