幼児の生徒の正解を見つけた次の行動に驚く | 喜多方市 塩川町 会津若松市 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市 塩川町 会津若松市 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
幼児の生徒の正解を見つけた次の行動に驚く

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

先月のレッスンの一コマ。

年少さんに鍵盤の「ファ」の場所を 意識してほしいと思いました。

それまでは、ドレミの鍵盤の続き、流れとして弾いた感じです。


その前の週のレッスンで、

「どれが、ファの鍵盤のカードでしょうか?」

「???」

キョト~ンとしていました。


だよね・・・

たくさん目の前にあるカードから、いきなり「ファのカードを選ぶ」なんて言われても迷うよね。


「ファの音は、黒い鍵盤が3つのカードです」

「ファの音は、白い鍵盤です」

「ファの音は、4つ並んでいる白い鍵盤の左端です」


と、ヒントを与えながらの消去法で、カードを絞り込んでファのカードを見つけました。

ちょっとしたゲームです。

こちらからの声かけに、何の迷いもなく、必要なカードにたどり着くための行動もスムーズで、この部分を切り取っても鍵盤の並びを理解している事がわかります。


そして、次の週も、ドからソまでの読譜をした後に、同じ事をしました。

「ファのカードはどれでしょうか?」

生徒が考えている間に、前の場面で使っていた教具を片付けてしまおうと思いました。

そしたら、子どもの様子を少し離れた所から見守っていたお母さんのつぶやく声が背後から聞こえました。


「当たっているかも・・・」


机の上の教具を片付けている時間なんて、ほんの数秒。

生徒の選んだカードは間違いなく「ファ」のカードでした。


本当の意味で驚いたのはここからの生徒の行動。

自分から「ド」「レ」「ミ」3枚のカードを選び並べ、そこに「ファ」のカードをくっつけて、


「やっぱり、ファだ」


と、言いました。

こんな確認の仕方教えていなし・・・その前に「当たっているかな?」とも「確認しなさい」とも言っていない。

まして「ドレミ」のカードですら、ずいぶん前にやったきりだし。

正解した以上、当たっているかの方法を見つけ出すなんて、驚きました。


この生徒さんは、音楽あそびをしながら、

「読譜」

「鍵盤の配列」

「指先のトレーニング・強化」

を積み重ねてきました。

この春から年中さんになり、区切り良く、4月から、ピアノ演奏を中心としたレッスンになりました。


幼児とは思えない判断・行動を見せる時もあれば、これぞ幼児!!(笑)の時もある。

この一年で、どんな成長を見せるのでしょうかね♪

width=



 
・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方市・会津若松市 塩川町 ぴありな音楽教室 鈴木 里美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります