生徒たちの日々の生活の中での意識の向け方 | 喜多方市 塩川町 会津若松市 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市 塩川町 会津若松市 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
生徒たちの日々の生活の中での意識の向け方

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

私が作成した、オリジナルのレッスンノート。

ここには「ニュース」という項目があリます。

ここに書くニュースは、前回レッスンに来た時から、今日までの間にあった出来事なら中身はなんでも良いのです。

オリジナルレッスンノートを作った時に、なぜニュースを入れたか?

「ちょっとしたコミュニケーションにもなる」と思ったから。

でも、実はそれだけじゃなかったりして・・・


ニュースを見ていると、子供たちの向けている意識の傾向がわかったりします。

ニュースの内容を、カメラに例えるなら、定点カメラの傾向の生徒。

その反対に、そのレンズの合わせ方も、ズームを近寄って合わせたり、遠ざけて、大きくとらえたり自由にカメラを抱え撮影する生徒。

ニュースというか「行事=ニュース」の生徒(「遠足がありました」って感じ)


定点カメラ傾向の生徒は「寒くなりました」「めっちゃ暑いです」的な、天気の話題だったり、年間ニュースの半分が「友達と遊んだ」だったりします。

行事がニュースになってしまっている傾向の生徒は時に、ニュースの欄が空白です。

聞くと「何もなかった」と答えます。

些細なことでも良いのだけど。

日常とは違う事が「ニュース」だと思い込んでしまっているのかもしれません。


ビジネス本、スピリチュアル本にも、意識の向け方について書かれている事も多いです。

意識が動かせる事で、プラスになる事も多いはず。


だから、ニュースに「庭のスイセンがさきました」「新作のハーゲンダーツを食べました」とか、書いてあると、嬉しくなります。

自分の中の意識のカメラは自由に動かして、いつもの毎日の中にある小さな変化、嬉しい事の中に、ニュースを見つけて欲しいな・・・って思います。

width=

「大きな から(あ)げを よる たべる」

と書いてきた生徒がいました。

なんて、最高なニュースなんでしょう!!

そうそう、この生徒さんの意識のカメラはいつも自由。

とっても、とっても素敵な事だと思います、曲へのイメージも、発想豊かになると思う。


 ・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方市・会津若松市 塩川町 ぴありな音楽教室 鈴木 里美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります