発表会で生徒に弾きたい曲があったら… | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
リハーサルのタイムスケジュールが出来あがりました

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

「『発表会は生徒に弾きたい曲を弾かせるべき』という流れに対して、先生が選曲する事は、新たな曲に出会える機会でもある」

的な事を、以前ブログに書きました。(リブログしておきます)

この考えは今も変わっていません。


生徒が弾きたい曲を弾いてもいいし、

先生が弾いて欲しい曲を弾いても良いと思います。


でも、もし、生徒の弾きたい曲が技術的に難しかったらどうしますか?

それでも、弾きたいと言っているのだから、弾かせますか?


クラシック音楽は、作曲者のものであり、できるだけ、作曲者の思い・時代背景をも組み取り、楽譜通りに弾かなければいけないと思います。

だから、技術的に難しいと判断したら、思いは受取り、来年以降の発表会で演奏する事を考えます。(その年の発表会がラストとかだったら別)

実際、今年の発表会で念願だった曲を弾く生徒がいて、演奏を聴いていると、今年が適期だったと感じます。


一方、ポピュラーですよね。

ピアノ曲ではないポピュラーをピアノで演奏は、全てアレンジされているわけで、ヤマハさんの「ぷりんと楽譜」というサイトでは、同じ曲でも、初級から上級まで色々なアレンジがあります。

(初級でも良いアレンジもあるし、上級でも、難しくしているだけでイマイチのもある)

ジブリ・ディズニーなんてカワイイもので、ポップスは、くうリズムに、細かい刻みのリズムなど、今までレッスンでは経験もしていないリズム、音がてんこ盛り。

今年の発表会、自分で選曲した生徒は全員「ポピュラー」でした。

苦戦中です。


一人は、音の厚みを薄くして、弾けたら、少しずつ厚みを戻す事にしました。

また、一人は、中間部分から私がアレンジものに差し替えて弾いています。

(上の二人は、練習をしたからこそ、次が見えたのです)

width=

和声(コード)機能を変えず、音を確認しながらアレンジました。

もちろん、生徒になりきって、アレンジの難易度も考えました。


正直、忙しいこの時期にこの作業はきつかったです。


でも、気付きました。

「先生が『発表会でその曲を弾く』と決めた以上、責任がある」

という事を・・・


だから、クラシック曲を弾きこなせないと思えば、その年は、あきらめる事も必要だし、ポピュラーの場合、先生が弾きやすくアレンジすることも必要だと。


出来ないリズムに苦戦して、弾いている子供が楽しめていない演奏を知っています。

だったら、先生がアレンジしてあげたらいいのに…って思いました。


本人が弾きたいと言ったのかはわかりませんが、きっといつも、有名曲ばかりを追い求め続けた演奏は、色んな意味で、むなしかったです。


自戒の思いも込めて・・・




・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります