生徒とのジェネレーションギャップ | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
生徒とのジェネレーションギャップ

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

生徒のレッスンノートのニュース欄に

「いかさんのライブに行く」

と書いてありました。

どうも『いかさん』は、歌手らしく、いまだに、何者なのかも、どんな曲を歌っているのかも、わかりません。


「たこさんはどうなんだ?って、つい、おやじギャグ出ちゃったりして・・・」


なんて、言ったら、


「先生、たこさんもいます」


って、返されました。

もう「たこ」だか「いか」だか、わかりません。(笑)


これ以上に、最近、衝撃に似た、ジェネレーションギャップを感じました。

スキマスイッチの楽曲を弾いている高校生がいます。


「スキマスイッチのグループ名の名前の由来って、結構有名だよね」(私は、この由来が、素敵だな・・・と思ったのです)

って声かけしたら、高校生の生徒は知っていませんでした。

この生徒の前にレッスンをしていた、中学生の生徒が、帰り支度をしていたので、この生徒にも名前の由来を、聞きましたが知りませんでした。


(もしや・・・)


「ねぇ、スキマスイッチっていう、歌手、グループがいるのは知っているよね」

「知りません」


ひゃ~中学生は知らないの?

この後、高校生の生徒に言われました、


「スキマスイッチ、最近は、あまりグループとしての活動もしていないし、中学生なら知らないかもね」

そっか…そうなのか、もし、この中学生と高校生の年齢にも『ジェネレーションギャップ』があるとするのなら、私は、どんなものなのだろう。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります