リズム通りに弾ける事と拍子で弾く事は違う | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
リズム通りに弾ける事と拍子で弾く事は違う

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

曲のリズム指導は、年齢や、個人の理解に応じて、変えています。

小さな生徒は、リズムに言葉を付けて指導する事が多いです。(例えば♪♩♪は、クリームという言葉を付けて弾かせるとか)

ただ、ずっと、この方法だけで指導をしてしまうと、4拍子でいう「1,2,3,4」という拍を数えての言葉がけの中では弾けなかったりします。(文面での説明は難しい・・・)

この事に気付いてからは、拍子感にも気を付けて指導しています。

年齢が上がれば「この音符は1拍目の表、この音符は3拍目の裏」

という説明もします。

先日のレッスンで、左手の同じ刻みの伴奏のリズムが弾けない生徒がいました。

中学生の生徒だったので、

「何拍子?」

「何拍目?」

「表拍?裏拍?」

なんてやりとりをしていましたが、頭で理解していてもなかなか、弾けません。


(しょうがない、この手は使いたくなかったけど・・・)「3文字の好きな言葉を言ってごらん」

「パスタ」


楽譜の下に「パスタ」と書き込みます。


「また、別の好きな3文字を考えて」

「イチゴ」


パスタの横にイチゴと書きいれます。


「今度は好きな2文字で考えて」

「スシ」


「今度は、表拍とか、裏拍とか関係なく、今のこの3つの言葉に合わせて、伴奏を刻んでごらん」って言ったら、笑っちゃうくらい、あっけなく弾けました。

本人も、笑っていました。

リズムに言葉を付けるのはリトミックでも取りあげられているし、リズム感をつけるのに、とても良い方法だと思います。

私が子供の頃も、リズムに言葉をつける指導だったら、楽しかったのに・・・と思います。

でも拍子の中で感じていくリズムも大切。

拍子の中で感じるリズムは自力で覚えました、これが理解できたおかげで、楽譜が書けたり、エレクトーンのリズムの打ち込みが出来ているのだと思います。


1つの方法ではなく、バランスよくですよね。

バランス良く・・・といえば、今日の受けた「健康診断」血圧が低いのはいつもの事。

今日は、家の事したりして、動いてから検診場所に行ったので、安心していたら、はじめての「血圧、下、30台」

「あなた、運動していないでしょう、運動しなさい」

って言われちゃいました。

日々の生活も、バランス良く・・・って言われたな。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります