黒の丸シール、レッスンで使えるかもです | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
黒の丸シール、レッスンで使えるかもです

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

なかなか、音の配列、名前が覚えられない生徒に「音楽ノート」を使って指導していました。

最初のうちは指導の際、音を書いたり、書かせていましたが『書く』という作業は生徒の年齢によっては時間がかかりました。

もちろん、書く事が目的だったら、時間をかけての指導もありです。

でも、学習目的が「音を書く」ではなく「音の配列・読譜」という事。

書く事に時間が取られ過ぎてしまうと、学習目的がずれてしまいます。


生徒によって負担にもなると感じたので、シール(昨日のブログにも書いた、丸シール)で指導をしました。

シールを使っての「音の配列・読譜」指導は、見やすく、そして扱いやすく、効率良く指導が出来ました。

それに、子供はシールを貼るのは大好きですしね。

指導に使っていたのが、ト音記号では『赤の丸シール』ヘ音記号では『青の丸シール』


・・・でも、指導していて思いました。

「音譜と同じ、黒シールがいいな~」って、

店頭では見かけませんでしたが、ネットで見つけて購入しました。

私がレッスンで使う音楽ノートは、多くの先生方も使われているB5の横型のノート。


習い始めて日の浅い生徒・低学年の生徒は2段譜のノート。

成長と共に4段譜になります。(4段譜・6段譜を使う頃になれば、書く作業も早くなります)


偶然にも、2段譜のノートには9㎜の丸シールが、ほぼピッタリです。

偶然にも、4段譜のノートには5㎜の丸シールが、ほぼピッタリです。

width=


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります