メール・SNSは便利な反面… | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
メール・SNSは便利な反面…

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

連休中に、保護者の方からメールが届きました。

そのメールは「YES・NO」で答えられるもの。


そのメールに対し私からの結論は「NO」。

もちろん、結論に至った考えもお伝えしたい…でも、メールは、間違えて捉えられてしまうかもしれない。

そして、


「理由をお伝えしたいのですが、メールは、違って捉えられてしまう心配もあるし、今回の事は大切なことだと思いますので、次のレッスンが終わってから話す事は出来ますか?」


と返信し、次のレッスン終了後、お話しさせていただきました。

話をさせていただいた事で、


「保護者の方からの質問に至った経緯」

「なぜ、私がNOという結論に至ったのか?」


お互い理解できたかな?と思いました。

何より、ピアノを優先に大切に考えてもらっている事。

生徒さんの「ピアノが好き」を応援している思い。

本当に、よく伝わりました。

嬉しくもあり、気が引き締まる思いです。

今後のレッスンの進め方を考える上でも、メールではなく、直接、お話し出来て良かったです。


そういえば、この春、手紙に書いて、レッスンの提案のようなことをさせていただいた生徒さんがいました。

この時も、もう少しお話しを(先生の考えを)聞きたいと、LINEがあり、日時をあらためて設定して、お話しさせていただきました。

話したことで、ご両親のピアノの習いごとに対しての思いがわかり嬉しかった事を覚えています。


今は、連絡ツールが電話・手紙の他、メール・SNSとあり、本当に便利な時代になりました。

事務的な事は、メール・SNSでも良いのですが、内容によっては、間違ってとらわれてしまう事もあるので難しい所です。

直接、お話し出来ると良いのですが・・・


保護者のみなさま、もし、ご質問、ご相談があったら、遠慮なく、お好きな連絡ツールを使って、お話しください。

必要であれば、面談いたします。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります