骨折生徒さんとのコードレッスン | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
骨折生徒さんとのコードレッスン

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

今日は、骨折生徒さんのレッスンの続き。

両手は使えないので、先週の2回目は、予定通り、コード学習をしました。


英語の音名の確認をしてから

「C・D・E・F・G・A・B」

のメジャーの響きのコードの基本形。

「Cm・Dm・Em・Fm・Gm・Am・Bm」

のマイナーの響きの基本形。

をコードトーンから、どう作るのか説明、教えました。

そして、学校の音楽の教科書を使って、コードがどのように使われるのか?実際、どのように演奏をするのか?を伝えました。


最後には、サービスタイム(つい、次の生徒さんがいなかったので)。

「基本コードさえ知っておれば、耳コピのメロディにだって、和音を付ける事が出来るんだけど、なんか、先生にも知ってそうな曲ない?(最近の曲はわかりません)」

生徒さんのリクエストしたポップスのメロディを「こんなんだっけ?」んなんて言いながら、コードを付けて弾いてみる」


生徒さんの食いつきを見て、調子に乗った私は、また、生徒さんに、リクエストのおねだり。

今度は「スター・ウォーズ」のリクエスト。

そして「スター・ウォーズ」のサビの部分を弾いてみる。


「先生さ、みやぞん(←お笑いの人ね)みたいじゃない?」

なんて、完全に調子に乗ってしまい、生徒さんに言ったら、

「みやぞんって、いい人だよね~」


この後、みやぞん談義になりました。


そして、今週あった3回目の骨折生徒さんのレッスン。

自分でいうのもなんだけど、コードの学習、カードなどを使い、わかりやすく伝える事が出来、良いレッスンが出来たと思います。

カードの紹介を兼ねて、また、あらためて。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります