喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
移ってきた生徒さんが知らないメソッド教材だったら…

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

「そもそもメソッド教材とは?」

という話なのですが、テキストごとにシリーズ化されていたりして、それぞれに、指導目的・手法・考え方などが異なります。

「メインは、このメソッドのこのテキストだけど、併用テキストは、他のシリーズのこれ」

とか、

「テキストはこっちを使うけど、考え方、手法などはこのメソッドを参考に進める」

とか、私を含め、多くの先生方が、一人ひとりに合った、テキスト、指導を考えレッスンをしていると思います。


昨年、一人の生徒さんが他の教室から移ってきました。

今まで通っていた時間枠に通い続ける事が出来なくなり、時間変更も難しいとの事で、ネット検索で私の教室を見つけてくれました。

その生徒さんが使っていたメインテキストが「バーナム ピアノ教本」※バーナムさんはアメリカの音楽教育家で、作曲家です)

バーナムと言えば、有名なのが「テクニック本」

おばけテキストと言われている位、多くの人に支持されています。

この生徒さんは、こちらの「バナーム テクニック本」も使っていましたが、メイン教材も「バーナム」

バーナムメソッドには、テクニックの他にも、教本、ワークブックとある事は知ってはいたけど見た事もなかったし、チェックしようとさえ思いませんでした。


2巻が修了間際になった頃、私は、自分が使い慣れた、メソッドの教本に移行してもらおうかな?って思いました。

で、レッスンで生徒さんに聞いてみたのです。

「他のテキストに変わってもいい?」

と・・・


そしたら、

「え~」

と、イヤな顔をされちゃいました。

きっと、このシリーズでやりたかったのね。


◇替える理由

・私が、使った事がない。

・私が使いこなせるか不安。


◇替えない理由

・このメソッドで進めて来て、私も生徒さんも、特に問題がない、スムーズ。

・何より、本人が、このメソッドを使いたがっている。


こうして考えてみたら、替える方の理由には、はっきりとした根拠がないのです。

でも、替えない方の理由は、はっきりとした根拠がある。

だから、その後も、引き続き、同メソッドの教本の3巻に進みました。

そして、最近4巻に進みました。


私も、教材研究しながらカリキュラムを立てています。

ちょっと、自己流も入っていますが・・・


そうそう、もう1つ、この生徒さんが変わっていない事があります。

この教室に移ってきたはじめの頃、

「ピアノを通して、どんな事が出来るようになりたいの?」

と、この生徒さんに質問をしました。

しばらく、考えてから、

「自分のピアノを通して、周りの人を幸せにしたい、楽しませたい」

って教えてくれました。


生徒さんのこの思いは、変わっていない・・・と指導していて感じます。



・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります