喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
アウフタクトの大切さを感じて欲しいから

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です

ミュージック・キー・システムの教材には「ハローこちらおんがくドクター」という、分野別の学習テキストがあります。

width=

これは、BOOK2、拍子を学びます。

とっても良いテキストだと思うし、このテキストにそった、ミュージックディスクも購入もしているのですが、実際、レッスンで使うとなると、様々な課題があるように思います。(著者の先生、ゴメンナサイ)

もちろん、私自身は、このテキストの使い方の講義を受けたことで、あらためて、拍子を学べた事もありました。


このテキストには「アウフタクト」を学ぶページがあります。

私は、この「アウフタクト」の説明がわかりやすく、お気に入りです。


学習の仕方は、はじめに、書いてあるメロディを最初の音を1拍目として感じてスタートします。

「これ何の曲だかわかる?」

と聞けば、誰もが耳にした事のあるメロディーだから、すぐ答えられます。

今度は、最初の音を、2・3・4拍目として、それぞれスタートして演奏します。

すると、どう感じるか?

同じメロディなのに、拍の位置がずれると、全く違う曲に聴こえてしまうのです。

このワークを通して、アウフタクトの曲なのに、気が付かず、拍の位置をずれて演奏する事が、ダメな事か気が付いてほしいのです。


・このコーナーのためにテキスト購入もどうかと思うし…

・アウフタクトを指導する時、私のテキストを、その都度、見せて教えても良いのだけど、そうすると記録として残らないし…

・「このページだけ、コピー」は著書に対して申し訳なく思うし…


だから、このページを参考に、オリジナル課題を作りました。

今日、来た生徒さんにも、プリントした楽譜を使って、アウフタクトを指導しました。

メロディは同じなのに、拍の位置をずらすと、弾きずらいでしょ。


「何!!合唱コンクールで指揮をするって」

ちょうど良かったじゃない、拍を大切にね。



・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります