一人でも多く、続けて欲しいな… | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
一人でも多く、続けて欲しいな…

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

ラジオが大好きです。

日曜朝に、ピアニストの西村由紀江さんがパーソナリティをしているラジオ番組も、お気に入りのひとつ。

番組で流れる音楽はもちろん、西村さんの音楽に対する思い、考えがあちらこちらに垣間見れます。

※「心に響くメロディとともに、東北の人たちや被災地にホッとするひとときをお届けし~」というコンセプトだったりするので、東北被災地三県のみの放送なのがもったいない…


ヤマハ主宰の西村さんのコンサートが8月にあり、西村さんはコンサートの場で、

「一人でも、多くピアノ(エレクトーン)を続けて欲しいな」

って思ったそうです。


「習っている人は多いけど、辞めていく人も多い、もったいない」って言っていました。

西村さんのこの言葉、実感のこもった話だな・・・って感じます。


かくいう西村さんも、何度もピアノを辞めようと思った事があるそうです。


理由は1つではなく、

「手が小さくって、お友達の弾いている曲が自分は弾けない」

「先生が怖かった」(ドキッ!!)

などなど・・・


でも、こんな時、ポンっと突然、上手く弾ける時があって、その時が、とても嬉しかったそうです。

神さまが「もうこの子はこれ以上の試練は無理かな?」って思って、ご褒美を与えてくれたのかな?っておっしゃってました。


私も、長くこの仕事に携わっています。

色々なケースを見てきました。

◇お家の方は辞めさせたくなかったのに「本人が辞めたい」ケース

◇本人は辞めたくなかったのに「お家の方が辞めさせる」ケース

◇両者が納得のケース


すべてに区切り・卒業はあるもの。

どんな決断を出すにしても、しっかりと、それまでに向き合う事が大切じゃないかな?って思います。


ピアノに限った事ではないけど、本当に、昨日まで出来なかった事が、次の日、ポンって弾ける(出来る)事があるんですよね。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります