大事なことは、自分に原因を探すということです | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
◆大事なことは、自分に原因を探すということです

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

こんな事、ありませんか?

調子が悪くなった電化製品。

あらためて日を置いて使ったり、別な人が使うと、問題なく使える。

「確かに、あの時、私が使った時は、動かなかったのに・・・」

みたいな事。

私、修理まで出したのに「問題ありませんでした」って返って来て、それどころか、修理出す前に、ちゃんとチェックしてますか?的な用紙が入っていたりして。

ハイハイ、それ位の事、私もチェックしてます、トリセツも読みました。

って、言いたくなるんですけど…でね、結局、スイッチ入れても動かないのです。


我が家の、グランドピアノ。

時期的に、ピアノを弾くと、ノイズのようなものを感じる事があります。

毎回、調律の時に言うのだけど、改善されません。

なんせ、調律の時は、ピアノの音色絶好調ナンデスもん。


それでも、調律師さんは、私の話を聞き、考えられる原因を絞り、手を加えます。

昨日、調律師さんが来ました。

正確には、調律でいらしたのではなく、症状が出ていないかの途中経過の確認です(気になっていたらしいのです)。

お願いしている調律師さんは、他県からいらしているので、この地域に調律で来たついでに寄られました。(無償でした)

調律師さんいわく、

「原因はまだ断言できません。だから、また、症状が現れたら、また、他の原因を探し、手を加えます」


調律師さんがいらしている時は出ない症状にも関わらず、私の話を聞き、症状を想像しながら、原因を探してくれている事が、本当に嬉しく思います。

そして、ある本の内容を思いだすのです。


(かなり、略します)

カメラが壊れ、カメラ屋さんに持っていくと、きちんと作動する。

でも、カメラ屋さんは

「お客様の使い方が間違っていたのではないですか?」

とは一度も言わず

「お客様の言葉が真実であって目の前の事実は関係ない」


というのです。


今回の調律師さんがされている事も同じ。

今、どうかではなく、ノイズが出た時があったという真実を受け止め、原因を見つけてくれています。

今回も、ピアノの内部を取り出して、

「これだと思っているんですが?」

って説明して下さいました、それは、意外な部分。

もう、ここまで来ると、職人芸だと思いました(奥が深いです)

width=

そして、このお話しの終わりに書いてあったのが、今日のブログタイトル

「大事なことは、自分に原因を探すということです」


「人のせいにしていると、改善できない」とも・・・


紹介した本は、

福島正伸著「キミが働く理由」

福島先生の本は何冊が持っていて、今回、この記事を書くのに、どの本に書いてあったのか、色々、引っ張り出しました、久々に再読したいと思った福島先生の本でした。


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場


喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります