ばんだい国際音楽祭~能楽体験~ | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
◆ばんだい国際音楽祭~能楽体験~

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

三連休最終日の10日は、レッスンもお休み、掃除をする予定でした。

もちろんしました、掃除の最中、頭をよぎったのです。

「そういえば、今日は、ばんだい国際音楽祭の最終日だな」

って・・・そして、今日が最終日、10日のプログラムを見直しました。

【能楽鑑賞体験コンサート】

(能楽があったんだ、気付かなかった・・・)

そして、プログラムの内容を読むと、

「鑑賞のほか、実際に楽器を演奏して見たり、掛け声を練習したりする参加型伝統芸能アドベンチャーです。」

なんて書いてある。

「能楽」前から、とっても興味がありました。

掃除もしたい・・・でも、体験も出来る能楽なんて、貴重な経験。

そして、掃除を途中でやめて、行ってきました。(鈴木には考えられない、フットワークの軽さ)

width=

真剣な鈴木です、太鼓は、中心の鹿皮を叩きます。

width=

この他、唄、笛、小鼓、大鼓を体験しました。

鈴木は笛では、全く、音が出せませんでした。

笛のすごい甲高い音は、神様を呼ぶ音であり、悪魔を払う音なのだそうです。

width=

能楽は、師匠から弟子へ、親から子へと、伝承され、650年受けつがれているそうです。

伝統音楽が650年も、しっかりと受けつがれるという事は、世界的に見ても、能楽だけだそうです。

能楽の鑑賞も間近で見ました。


拍子もないし、

調性もないだろうし、


「能楽は、どうやって合わせるのだろう?」


無心?

煩悩なんてあったら、まとまらなくなるんじゃないのかな?


質問を出来る時間はなかったので、私の中で解決はしていないけど、なにか、意識が違う所にあるように感じました。

width=

帰りは、お月さまが出てました。


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります