ぴありな通信vol73 | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
◆ぴありな通信vol73

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

昨日から、教室通信をお渡ししています。

1月は、教室通信をお休みしちゃったので、2月の今頃になって「今年もよろしくお願いいたします」でした。

今回は、新年度に向けての、変更・連絡。

そして、昨日まで、2日間連続で書いた「幼児のレッスン」を取りあげました。

都心などに目を向ければ、音楽教育も低年齢化しているようで、といっても、地方の地方にいる私には、あまり実感はありません。

「ピアノは、小学生位からはじめる感じが、この辺りでは、一般化してるのかな?」

なんて、感じていました、漠然と・・・

どちらかと言うと、過剰な教育が、低年齢化しすぎている現象は好意的ではなく…(気分を害したらゴメンナサイ)

そんな私ですが、幼児の子供さんに対して、2年前に、リトミックを学んだ事で、幼児期は「とっても、大切な時期であり、すごい能力を備えているのだと」意識が変わりました。

そしたら、幼児の生徒さんとの、出会いが増えました。

・・・不思議ですね。

幼児の生徒さんとのレッスンは、天真爛漫ゆえ、戸惑う事も多々ありますが、この一年で、いっぱいい~っぱい、学ばせて頂きました。

経験は、何事にも変えられません、感謝しています。

年度末に向けて、幼児の生徒さんの保護者の方に対して、私が、考えている、レッスンの進め方など、再確認していただきたく、今回の通信に取りあげました。


今は、スピード時代。

検索も、

配達も、

私の場合、性格的にも、環境も手伝ってか、あまり、スピードにはこだわりませんが、ピアノも、習ったその日から、弾けると思われている方も多いと思います。

もちろん、習われる対象が、大人だったり、年齢が高ければ、それも、もちろん可能。

でも、幼い子供たちにとって、習い始めたその日から、楽譜を読んで、ピアノが弾けるわけではありません。

ピアノを弾くための準備期間は大切である事をお伝えしました。(ここを省略してしまえば、この後の、ピアノ演奏に、支障が出ると思います)

この準備段階は、幼児でピアノをはじめても、小学6年生ではじめても、同じ。

ただ、年齢によって子供さんによっても、理解は違うので、準備期間は異なります。

年齢が下がれば、その分、準備期間も長くなるけど、たくさんの音楽あそびを通して、多くの事を学ぶ準備期間は、必ず、児童期になって、活かされてくるはず。

違う言い方にすると、準備期間があればあるほど、音楽で遊ぶ事が出来るんですよね。

width="400"

お知らせに書きましたように、新年度、レッスン時間変更希望の方は、お早めに申し出て下さい。

ピアノレッスンに興味のある方は、お問い合わせくださいね。


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります