福島県ジュニアピアノコンクーン本選 | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

◆福島県ジュニアピアノコンクーン本選


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


昨日は、福島県ジュニアピアノコンクーン本選を聴きに、喜多方プラザに行ってきました。



7月下旬から、8月上旬にかけて、各地で、予選を行い、最優秀賞に選ばれた演奏者によって、本選は行われます。


それぞれの予選会場で、選ばれた演奏者。


そして、また、本選でも、評価されていく。


コンクールは、シビアだけど、それと同時に、神聖さを感じながら、会場にいました。



「空気か変わる」


ピアノの前の椅子に座った瞬間、演奏する前から、そうした、空気感を感じた演奏者の音楽に、何度か触れる事がありました。


自分だけの空間、そして、自分の音楽を表現、こちらに伝えてきます。


弾き始めてからも、ひきつけられていく。


もともと、持っているものかもしれないし、


ステージ経験からかもしれないし、



色々な事を、考え・思う、コンクールでした。



途中、お友達の先生と会場でお会いし、色々、話ししました。


その会話の中の1つ、ピアノ演奏について。


きっと、ここに出場している、もしくは、他のコンクールでがんばっている参加者は、アップライトか、グランドかの違いはあっても、電子ピアノではないはず。


夏は、子供の、ピアノコンクール真っ盛り。


技術・表現を追求して、創り上げていく音楽。


電子ピアノで、音を追求しようとすれば、早い段階で限界を感じるのも現実。



コンクールで聴き、感じた音の世界



これだけ、練習楽器に電子ピアノが普及してしまっている現代


「私たちは、本来の、アコスティックの音をどこまで、伝えられるのだろう?」


もちろん、音楽の世界って、無限な位、広いから、楽しみ方も色々あるのも、分かっているんだけど、考えちゃった。



出演された、演奏者のみなさん、素晴らしい演奏を聴かせてくれて、ありがとう。



短い、盆休みも終わりました。


ほぼ、休息のない日々でした。


お休み中の、私のがんばりを含め、また、今日から、ブログ書きます。



年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります