おこりんぼ先生 | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

◆おこりんぼ先生


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


他のお教室からの引き継ぎの生徒さんは、軌道に乗るまで、気配りが必要。


はじめて、その生徒さんにお会いし、体験レッスンをした時の第一印象は、


「素直な子」


でした。


決して、前のお教室で、何か、不満だったような事はなかったのですが、ご縁があり、私が、引き継ぐ事になりました。


「私、感情的になったり、理由なく叱る事はないけど、時に、厳しいですよ」


って、レッスンを引き受ける時にお話しはさせていただいたのですが…念のためね。



ある日のレッスン、前回のレッスンで、噛み砕き、時間をかけ、弾けるようになったのに、全く、練習をしてこなかった事がありました。


「やってきてません」


悪気れる事もなく、答えました。


理由は「気が向かなかったから、やりたくなかったから」


叱りましたよ。


この日、レッスンでは、表情には現わさなかったのだけど、帰っていく後ろ姿を、窓越しに見ていたら、イライラしている感じがしました。


「前の先生は、宿題を出さなかったのに・・・」


「前の先生は、練習しなくっても、何も言った事はないのに・・・」


そんな事、訴えている感じがしました。



前のお教室では、宿題もないし、出来なくっても、すぐ教えてくれていたようで、きっと『ピアノ=お家で練習するもの』っていう、認識がなかっただけなのかもしれない。


・・・でもね、私は、練習しなくっても、弾ける方法は、知らないの。



お母さんに、お手紙を書きました。


出来なかった事が、出来るようになった喜びを知ってほしい事。


お友達で作る、アンサンブル音楽の楽しさを知ってほしい事。


せっかく、ピアノに、ご縁があったのだから、ピアノを通して、様々な経験を通し、成長してほしい事、等々・・・


覚悟の上で(私、嫌われちゃうかもしれないけど)真っ向面から向き合ってみます。的な事も書きました。



その後、お母さんから、メールもいただいて、お母さんのサポート力を感じました。



その生徒さんの、今ですか?



すごく、がんばっています。


前のレッスンの時、ちょっと、ソワソワしていたから、


「どうしたの?」


って聞いたら、


「もう1曲(連弾)の方がさあ、ほら、弾けないと悪いから、ちょっと、分からない所があって、心配なんだよね」


って、教えてくれて、すごいよね、質問が出来るって、練習したからこそ。


お友達との連弾も、楽しそうにやってます


自分の曲も、あっという間に、弾けるようになって、さらに、より良くしていくための、音楽を作っています。



もちろん、これも、お母さんの、言葉掛けの、サポートがあったからこそ(メールで教えてくれました)。


「ピアノの先生に、悪いでしょ」


的な、言葉掛けではなく・・・


「○○、あなただったら、やれば、出来るわよ」


的なのでもなく、


「文句言ってる位なら、とことん、弾いて、ピアノの先生を見返してみなさい」


的なニュアンスが一番近いかも(笑)



さすが、お母さん、一番、ヒットする言葉掛け知っています。


「出来なかった事が、出来るようになる」「分からなかった事が分かる」が、生徒さんの中で、加速していきますように。


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります