ピアノを教えるのは先生~ぴありな通信vol69~ | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

◆ピアノを教えるのは先生~ぴありな通信vol69~


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


多くの先生方が、ピアノ指導をされていく中で、1度くらいは、このような言葉を、お母さまから聞かれた事はありませんか?


「私が、教えられればいいのだけど」


弾けない生徒さん(我が子)を見ていても、教えてあげられない事に、責任を感じてしまっている、お母さんも、結構いらっしゃるのではないでしょうか?


ひょっとしたら、ピアノ経験者のお母さんが身近にいらして、余計に、そんな風に感じたのかも知れません。


ちょっと待って!!


ピアノを教えるのは、教室の先生、お母さんじゃないんです、だから、全国の『ピアノ未経験者だから、子供に教えられないよ』というお母さん方は、責任を感じないでくださいね。


私たちは、お月謝として、対価を受け取っています。


よりよい指導を求め、講義を受けるために、各地に赴いています。


ピアノ経験者のお母さんゆえの、悩み・問題も、良く見聞きします。


◇ご自身の頃と、悪い意味の比較をしてしまう。


◇教え過ぎてしまって、音楽的要素も含め、自立が出来ない 等々・・・


そう、物事には、必ず、良い面と悪い面があります、メリットは活かせばいいし、デメリットは注意すればいい。


でも「教える」は必要がなくっても、サポート・声掛けは必要。


教室では、生徒さんが初級レベル位であれば、必ず、レッスン内で弾けるようにし、練習の仕方も伝えています。(もし、レッスン内で出来なければ、それは、私の課題、翌週、やり方を変えて、指導します)


「どんな練習をしてくるように、先生に言われたの?」


「次の目標は?」


レッスンが終わったら、お母さん(お父さんは)次の日くらいまでに問いかけてみてください。


答える事は、アウトプット、情報を整理する事につながります。


前のレッスンから、1週間が過ぎ、次のレッスンに来る前の、直前練習では、前回のレッスンで言われた事は、覚えていないでしょ、だから、レッスンが終わったら、翌日くらいまでに確認する事が大事。


・・・的な事を、今週から、配り始めた教室通信『ぴありな通信』に、左スペースを使って、書きました。



この2週間、色々あった事を振り返り、とっても、今回の事を伝えたかったから。



年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります