違う曲なのに、コードは一緒でしょ | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

◆違う曲なのに、コードは一緒でしょ


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


がんばり屋の大人の生徒さん。


レッスンでは、


・テクニック


・クラシック曲


・ポピュラー曲


で、進めています。


「『できるできない』は別にして、知らなかった事が、分かるのって楽しいです!」


って、おっしゃてくださいます。



前回のレッスンは、ポピュラー曲は2曲あったため、2曲目をレッスンで弾き始めた頃は、残り時間が少なくなっていました。


一通り、弾き終えた後、


「申し訳ありません、時間が足りなくって、この曲を全て、指導する事は出来ないのですが『ここだけは教えてほしい』という部分だけを、今日はやりましょう」


という私の提案に、生徒さんが指をさしたのは【サビの部分】でした。


曲は【レット・イット・ゴー】



左手の伴奏が、とっても弾きづらそうだったので、指運びがスムーズに行くアドバイスをしました。


とっても弾きやすくなったと、喜んでいました。



「○○さん、今の部分、左手だけ、楽譜通りに弾いていただけますか?」


とお願いし、分担奏で、メロディは私が弾きました。


といっても、レット・イット・ゴーではありません。



「あれ?先生、この曲、聞いた事がある」


「今弾いたのは『タイム・トゥ・セイ・グッバイ』なんですよ」



「じゃ、もう1回、左手だけ弾いてください」


「あれ?先生、これは『レット・イット・ビー』じゃないですか!!って事は、コードは一緒って事ですか?」


「そうなんですよ、意外と、ヒット曲って、同じコード進行だったりするんですよ」



生徒さんが、興味を持ってくれる、こうした引き出しを、たくさん持たなくちゃな・・・って、感じた出来事でした。


我が家のクレマチス、咲きました、見ていると「スカッ」とする花です。


体験レッスン・生徒募集を 7月から少し休みます。


新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、期間限定の無料体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります