主役は、ドレスじゃなくって、あなただよ | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

今日のレッスンノート、お家の人からの欄に

 

「今日は、私の誕生日です」(書いたのは、おばあちゃん)

 

大きなハートを書いて、おめでとうメッセージを書かせていただきました。


こんばんは!!喜多方市塩川町で音楽教室を主宰しています、鈴木です。

 

昨日まで、記事にしていた、発表会の「感想ノート」

 

この出来あがった、感想ノートは、発表会の写真と一緒に、生徒さんに、お渡ししました。

 

翌週、多くの生徒さんに、聞いてみたんです。

 

「感想ノートに、書いてあったメッセージで、印象に残っている言葉は、ある?」

 

この問いかけに、一人の生徒さんが、

 

「『ドレスが、似合ってた』って書いてあった」㊟ちゃんと、演奏の事も、褒められてましたよ、鈴木も読んだので、分かります。

 

「だって、本当に、似合ってたもんね」

 

こう答えた後、

 

「大きなリボンに、素敵なラッピングのプレゼントをもらったら、ワクワクしちゃうよね、でも、外見と、あまりにも不釣り合いな物が入っていたら、ちょっと、ガッカリだよね」

 

と、話し始めたら、生徒さんは、なぜ私が、この話をし始めたのか、気付いてくれたみたいで、

 

「ドレスに負けないように、素敵な演奏をする」

 

って、言ってくれました。

 

私としては、

 

「次の発表会も、今年のように、あなた自身が、輝いてね」

 

という、想いで話したんだけど、分かってくれてみたいです。

 

心理学に、

 

 

【思い込みを外す】

 

 

というのがあります。

 

これは「自分は○○である」と、間違った、思い込みをしてしまっている事。

 

例えば、

 

『自由席に座る事に、なんの違和感も感じなかった人(自分は自由席に座るのが当たり前、と思いこんでいる)が、ある日、グリーン車に乗ったら、モチベーションが上がり、後に、グリーン車に乗る事に違和感なくなる自分へと、成長をする』

 

グリーン車の部分は、レストランでも、バックでも、洋服でもOK.

 

今回は、ドレスが、モチベーションアップになればいいな・・・って思います。

 

少しですが、教室から、お貸しするドレスも、増やせたらいいな、って考えています。

 



ちなみに、鈴木は、グリーン車に乗った事、ありません。

 

 

ぴありな音楽教室に興味のある方は、ご連絡くださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります