驚!突然、自分の頭を叩きだした生徒 | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

今度の日曜日の花火大会に向けて、家の周りの空き地、駐車場にするため、草刈りをしています。


こんばんは!!喜多方市塩川町で音楽教室を主宰しています、鈴木です。


生徒の力量に応じますが・・・


拍子感・拍感・曲の構成(形式)、とっても大事にしています。


拍子感・拍感を大事にするようになったのは、指導していただいている先生の影響が大きいです。


拍子を気にせず、演奏している生徒の多さに驚かされます。


弾いている手を止めさせ、テキストを裏にして、


「この曲は、何拍子?」


よく、この質問をします。もちろん、何拍子かは、見れば分かる訳で、次に大切になってくるのが、拍感ですよね。


「この音は、何拍目の、表拍?裏拍?」


これって、もう算数。


強拍・弱拍って聞くべきなのかもしれないんだけど、そうすると、強拍の音を、強い音で、不自然に弾いてしまうので、生徒には、表・裏で聞く事が多いです。


ポピュラー音楽って、裏のリズム、てんこ盛りに、出てきますよね、【くうリズム】も多いです。


先日、生徒が、弾いていた曲が、ほぼ裏打ちのリズムだったので、表・裏拍の話をしました。


「テキストにも、表と裏があるでしょ、足を上げるが『裏』足を下ろすは『表』、息を吸うが『裏』息を吐くが『表』音楽にも、この表裏があるのね」


ここからは実践!メトロノームに合わせて手を叩くのだけど、メトロノームの重りをセットして、生徒を見たら・・・


自分の頭をポンポン叩いてる!!


「ゴメン、先生の言い方が悪かった~」


正:【メトロノームに合わせて、拍の表で、手を叩いて】


と言えば良かったものを


誤:【メトロノームに合わせて、頭(表と言い間違えた)で、叩いて】


と言ってしまいました。


本当に、ごめんね。


この後、バッチリ、拍の表裏のリズム打ち、上手に出来て、演奏に結びつく事が出来ました。


・・・でっでも、メトロノームに合わせて、一生懸命、頭をポンポン叩いている、あの姿、かわいかったです。




ぴありな音楽教室に興味のある方は、ご連絡くださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります