2014年度、レッスンノート構想 | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

ん~寒い!!



こんばんは!!喜多方市塩川町で音楽教室を主宰しています、鈴木です。



今日のブログ記事、長い間、保存にしたまま、公開にしていなく、手を加えて、遅ればせながら、公開します。



「新年度は、レッスンノートを大幅に、リニューアルしたい(します)」



と、考えています。


構想を練るのに、集中出来て、居心地が良くって、すごくいい場所があります。



・・・それは、


「車屋さん」のショールーム。



先月頭に、12か月点検がありました。


電話で予約に際、「所要時間、1時間半位はかかる」と、言われ、しめしめ・・・




点検日には、参考資料を持ちこみ、机に並べ、作業開始!!


まずは、ますこしょうこ著「ピアノ レッスンノート 活用塾」(写真中央 オレンジの表紙)を読破。


読破後、レポート用紙に、本を読んで気がついた事をメモメモ・・・



次に、現在、レッスンで使用中のレッスンノートを作成する際、参考にした「ぴあれん キッズ vol 1、2」(コーチングの考えをもとに、作られています)も見直し、



新レッスンノートに、どんなページが必要かメモメモ・・・と、ここで、



「鈴木さま、お車の点検が終了いたしました」



ざんねん!!タイムアウト。


あと1時間は、ほしかったよ~



レッスンノートをレッスンに取り入れるには、それなりの覚悟が必要だと思います。(先生の自己満足では長続きもしないですし、効果的な活用は出来ないと思います)←過去の反省


しょうこ先生の【ピアノレッスンノート 活用塾】P12の、この言葉に、深く共感しました。



「生かすも、殺すも、使い方次第!」



本当に、その通りだと思います。新年度、レッスンノートをリニューアルするのを見越し、年明け1月から、もう1度、レッスンノートそのものの、見直しをしています。



今日、見本1号が出来ました。


少しずつ、手を加えて、3月末には、生徒さん達に、配りたいと思います。



これから、ちょこちょこ、レッスンノートにも触れて、書いていきたいと思います。



◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ
◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場


喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります