今日は、予てから楽しみにしておりました「第11回スナッグゴルフ関東小学生チーム選手権競技」がゴルフ ノーザンカントリークラブ錦ヶ原ゴルフ場で開催されました。

いつもより寒い朝でしたが、子どもたちは元気いっぱい準備体操やらランニングやら、99名の参加者がそれぞれチームごとにウォーミングアップから始まり、各チームごとそれぞれの特長と良い雰囲気を持っていて、これから試合に挑むという緊張感も伝わり、子どもたちの熱意を目の当たりにしました。

小学1年生から小学生6年生まで、一人ひとりが持つ試合前の良い緊張感、ゴルフというスポーツならではという感じを受け、精神面の強さを養われることが間違えないと実感しました。ガッツ

同じ学校ごとで競技するのではなく、1組4名でチームはそれぞれという組み合わせで行います。ゴルフは、個人競技ですが、同伴競技者とのプレーを一緒にするため、「自分勝手な行動を抑制すること」、「相手の気持ちを考える」必要が自ずと出てきます。そして、唯一、審判のいないスポーツがゴルフは、「自分の正しい判断を求められ、正直な心が問われる」という「自己管理能力」を養わます。子どもたちの成長とともに社会で生活する中で、もっとも最適なスポーツは「ゴルフゴルフ 」と改めて再確認をすることができました。



ランキングに参加しています。
幼児からゴルフを学べる・楽しく習得できることを多くの皆様に知って頂きたいと思っています。
読み終わりましたら、下記「Satomi Kids Golf Academy」へ1票宜しくお願い致します。
   
にほんブログ村