宿には予約した17時より約1時間早く着きました。

直前まで、「白骨温泉に行くんだ」と思っていたのに

よく調べたら乗鞍高原温泉でした。危ない危ないあせる

白骨温泉の乳白色のお湯が良くて楽しみにしていたのに

もしかして違うの?と思ったら、

乗鞍高原温泉も乳白色のお湯で源泉かけ流しの宿でした音譜

  

チェックインのとき「空いていたので広いお部屋をご案内しますね。」

と言われ親切だなと思っていると、お部屋に案内されるときに

女将さんが「今日はお客様だけなので、お風呂は家族風呂のように

使っていただけますがどうなさいますか?」と言われて驚きました。

貸切風呂などのないお宿だったので、ミーちゃんを私が入れて

シンくんが上がったらお部屋で見ておいてもらって

私は時間をずらして入らなきゃなと思っていたのですが

3人で一度に入ればわざわざ交替する必要もなくよかったです。

温泉の温度もちょうど良くて、寒さで冷えた体が温まりました。

内風呂でゆっくり温まった後、露天風呂に移動して

ミーちゃんも大喜びでお湯をバシャバシャしていました。

  

お食事もボリュームがあって、地元のものがたくさんで

ミーちゃんは食事なしプランでBFを持って行って食べさせたのですが

ご好意でミーちゃんにもデザートのぶどうを準備していただきました。

    

フルーツ大好きなミーちゃんは足をバタバタさせて大喜び。

早く食べさせろと催促がすごくて、私は忙しい夕食でした汗
  

とても親切なお宿で、居心地が良かったです。

ミーちゃんが寝付くときにぐずったりしたけれど

他のお客さんのことも気にせず過ごせたし、

ロビーやお風呂にも子供のおもちゃがあったり

食事のときもベビー用の椅子が用意されていて助かりました。

  

2日目は、乗鞍高原で行われていたコンサートに行ってみました。

紅葉も始まっていて、とても清々しい景色の中


             
アルプホルンの演奏を様々なグループが行うというコンサートで

池のほとりにシートなどを敷いて、無料で聴くことができるのです。

本当は午後まであったのですが、ミーちゃんがじっとしていてくれず

私達は1時間足らずでギブアップでした。

アルプホルンの演奏なんて、あまり見る機会がないので

少しの間でしたが楽しめました。

私も高校で吹奏楽部だったり、就職してから趣味で

アルトサックスを習って発表会やお店のライブに出たりしたので

楽器経験は多少なりともあるのですが、

アルプホルンって3メートルほどの管があるだけで

キーや音を変える孔がないのですよね。難しそう・・・

息の吹き方だけで音を変えているのかなぁ、と不思議でした。
   
この会場のすぐ近くには小さな牧場があって

ミーちゃんを芝生の上で遊ばせようと思ったのですが

座り込んで草をちぎるばかりでほとんど歩かずじまいでした。

私とシンくんが遠くから手を叩いたりして呼んでも全然ダメ。

じっとしていて欲しい所では歩き出そうとするのに、

どうして大人の思うことと反対の行動をするのでしょうねあせる

   

帰りは松本市内で昼食を摂り、中央道の渋滞に巻き込まれながら

SAでゆっくり休憩しながら帰りました。

  

これで2人目が生まれたら、抱っこも大変だし

こんなに歩く旅行は2人ともしっかり歩けるようになるまでは

当分行けないね~と話していました。

少し寒かったけれどお天気にも恵まれて

楽しくてリフレッシュできた旅行でした。