十三夜 | 恋は乞う ~口語体短歌との戯れ~

恋は乞う ~口語体短歌との戯れ~

口語体の短歌で、想いを綴ります。

なお、記事の内容とは直接関係のないコメントは、承認しない場合がありますので、ご理解ください。


チュールレースのカーテンの向こうは十三夜 東の空にくっきり輝く


   部屋の遮光カーテンを締めようと
   チュールレースのカーテン越しに
   何げなく外をみると
   月が眩しく見えた。

   今日は十三夜。
   十五夜よりも
   晴れることが多いという。

   今日の月はとても眩しい。



俳句・短歌ランキング