如雨露 | 恋は乞う ~口語体短歌との戯れ~

恋は乞う ~口語体短歌との戯れ~

口語体の短歌で、想いを綴ります。

なお、記事の内容とは直接関係のないコメントは、承認しない場合がありますので、ご理解ください。


両腕で如雨露を抱えて水やりに向かう子どもの姿愛しい


   先日、学校の畑に
   ブロッコリーの苗を植えたが、
   水やり当番の子どもが
   毎日水やりしている。

   今日の水やり当番の子は
   普段からお手伝いが好きな子で、
   喜んで如雨露を持って畑に向かう。

   一生懸命に空の如雨露を抱えて歩く姿が
   なんともいえず可愛らしかった。
   純粋に自分の役割に喜びを感じる様は
   とても素敵だと思った。



俳句・短歌ランキング