戸田さと美オフィシャルブログ Powered by Ameba

戸田さと美オフィシャルブログ Powered by Ameba


テーマ:

{F79C758F-5934-42D8-A024-746019F31D5A}


 

わたしはポジティブという言葉が嫌いです。

 

仕事でも子育てでも心配事ばかり。

でも、無理にポジティブにしようとすると、

目の前に起きていること、

これからの先の不安に対して蓋をしてしまっている気がするから。

 

菅原道仁先生の著書

『成功する人は心配性』にはこんな風に書いてあります。

“不安になるのは「先読み」ができる証拠”だと。

 

この本には

ネガティブな面を、ポジティブな結果にする、つまり

「自分は心配性でなかなか一歩が踏み出せない」と思っているのであれば

その内に秘めた才能を開花させ、やりたいこと、やるべきことをすぐに実行に移して

結果を出す方法が綴られています。

 

その中から私の心に響いたWordを2つ

 

●仕事&プライベートにおいて

 

「祝福できないなら、呪うことを学べ」

 

この強烈な言葉はドイツの哲学者、フリードリヒ・ニチェのものです。

 

・いい子でいたい。

・よく思われたい。

・人には優しい自分でいたい。

・自分が我慢すればいいんだ。

 

そう思って生きていた時期がありました。

そんなときは決まって自分を責めて、しばらく外出が怖くなりました。

 

けど、それって自分の正直な気持ちに蓋をして、

本来の心の声を聴けなくなってしまっていた気がします。

呪いたいと思うぐらいなら、誰にも迷惑をかけるわけじゃない。

その強い気持ちが前を向かせてくれるなら、

それでもいいんじゃないかな?そう思います。

 

●子育てにおいて

 

「やらなきゃいけない」ではなく、「やれることがある」

 

この言葉を口にだしてみてください。

それだけでも、熱いものが込み上げてはきませんか?

 

仕事にもMatchしますが、私の場合、子育てに大きく影響しました。

今現状、子供の勉強について悩んでいます。

もうすぐ3年生。まわりではぼちぼち受験勉強が始まります。
勉強はやらせなくてはいけないこと、としてここ数週間子供と向き合ってみましたが、

将来のためにやらないといけないでしょ!と説得しても全く通じず、時には怒ってしまい、

そしてまた自己嫌悪に陥る毎日。

けれど、

「やれることがある」

この本のフレーズに大きく救われたんです。

 

どういうことか、というと、

親として、「やらせなきゃいけない」ではなく

親として、「やれることがある」

具体的には、

一緒に文章を読んでみよう?計算スピードどっちが早いか競争しよう!

 

子供に寄り添っていくのは当たり前のことですが、

日々、仕事に家事に、様々なことに時間を取られていく中で、

つい、上からの物言いになってしまっていた自分がいたんです。

 

心配症の性格を変えなくても、

この本を読めば結果は手に入る!

 

そう思います。

 

著者の菅原道仁先生、いつもありがとうございます。

次回も楽しみにしております!

 

 

 

 

 

 

  

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

戸田さと美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース